FC2ブログ

修学旅行はしないという伝統を生み出したのは…

「武蔵には大衆迎合や付和雷同を嫌う文化がある。男子校OBの多くは、自分たちの仲の良さや団結力の強さをよくアピールするが、武蔵のOBにはむしろむやみに群れないことを矜持(きょうじ)としているふしがある」(20日付NIKKEI STYLE ~「やぎになれ」に込めた思い 武蔵の群れない気骨

確かに「群れる」文化はほとんどないですし、「自分で調べ、自分で考える」という風潮はかなり強いと思いますが、「仲の良さや団結力」は平均以上にあるように思います。

「それがよくわかるのが、修学旅行をしないという伝統だ。1979年から17年まで実施されていなかったのだ。さまざまな校外行事があるにもかかわらず、修学旅行はない」

こうした伝統は知りませんでした。70年代に在籍した我々の時代には修学旅行はありましたから。我々が修学旅行に行ったのは1974年でしょうか。

「集団のなかに個々の責任が埋没してしまうような学校行事はむしろ進んで廃止し、そこで失われる修学旅行の美点は別の形で追求すべきであるという考えのもとに、78年を最後に廃止された」

修学旅行はしないという伝統は、小生が卒業してから出来たようです。しかし、我々の時代の修学旅行は「思い出目当ての団体観光旅行」からはかけ離れていましたから、「集団のなかに個々の責任が埋没してしまうような学校行事はむしろ進んで廃止」というのはちょっと違うような気がします。

記憶が正しければ、当時に修学旅行は「京都集合、京都解散」だったはずですし、団体行動などは一切なかったはずです。昼間から街を自由気ままに徘徊し、夕食後は夜の街にも出かけていきました。

雨でズダボロになった靴を下駄箱の上において乾かしていたらごみと間違えられたのか捨てられてしまい、京都の靴屋を何軒も梯子したことも印象深い記憶。70年代は27㎝の靴はほとんど売られていなかったから。結局旅館の下駄で東京まで戻る羽目に。

昼間の自由行動から早めに戻り、夕食のために準備されていた鍋の肉を各部屋から少しずつ頂戴して自分の部屋だけ肉の量を増やしたり、部屋の窓から階下の修学旅行中の女子高生の部屋にタバコを垂らしてみたりと、「思い出目当ての団体観光旅行」からはかけ離れた思い出一杯の修学旅行でした。

修学旅行前に学校から配られたのは「私は東京から来た修学旅行生です」という、万が一怖い人達に絡まれたときに見せるための印刷物。学校側も生徒が団体行動するなどということは全く念頭になかった時代

70年代を武蔵で過ごしたOBとしては「集団のなかに個々の責任が埋没してしまうような学校行事」だから廃止されたのではなく、個々が暴走していつ問題が起きてもおかしくない状況にあったことが修学旅行が廃止になった理由のような気がしてなりません。

今は校門を入ったところに「BE A GOAT, NOT A SHEEP(ひつじになるな、やぎになれ)」という看板が掲げられてやぎが飼われていますが、70年代にはいませんでした。もし70年代だったら「BE A SHEEP, NOT A LONE WOLF」という看板が掲げられていたように思えてなりません。

修学旅行はしないという伝統を作ってしまったのは、はからずも70年代を武蔵で過ごした我々かもしれません。

スポンサーサイト



GPIFのリスク管理能力は大丈夫なのか

「誠に遺憾であり、深くおわび申し上げます。コンプライアンス研修を行うなど再発防止を徹底し、信頼される組織づくりに努めたい」(18日付NHK NEWS WEB 「GPIF理事長に減給処分 女性部下との不適切関係疑われる」

「行う」ではなく「受ける」でしょう、と思わず突っ込みたくなってしまいます。

「再発防止を徹底」と言いますが、ご自分がモラルのある行動をすれば済む話をわざわざこのように表現しているということは、疑われた女性以外にも疚しいことがあるのか、ご自分以外にも「再発」するリスクが組織内に存在していることを認識していることを想像させてしまいます。

組織の代表者はコンプライアンスの統括責任者ですから、今さらコンプライアンス研修を受けなければならない人を理事長に据え置いていいのか疑問を感じます。ご自分のリスク管理も出来ない方に、国民の年金資金の管理運用を任せて大丈夫なのでしょうか。

「部下の30代の女性職員と複数回、公用車に乗って食事」した費用はGPIFの運営費から出ているはずですし、もし女性職員が望んだ食事ではなかったとしたらハラスメントになりますし…。

低年金で食事代を削らざるを得ないでいる人たちが現実に存在することを考えると、「減給5分の1、6か月間の懲戒処分」は甘すぎるように思います。「組織は頭から腐る」と言われますし、もっと厳しい処分が必要に思えてなりません。

「2019年の世界経済を見る眼(秋編)」の一般募集

来月5日(土)から早稲田大学エクステンションセンター八丁堀校で始まる「2019年の世界経済を見る眼(秋編)」の一般募集が始まりました。

米国を中心に数多ある政治や金融政策に関する情報を資産運用をする人間がどのように解釈して行動に繋げていくのか、金融市場の動きから多くの投資家がどのような理由からそのような行動をとったのかという動機などについて、ファンドマネージャーの視点に立ってお話をする講座です。

ご興味のある方は早稲田大学エクステンションセンター八丁堀校のHPよりお申込み下さい。

合成の誤謬

「消費増税に節約で勝つ 日常生活品にこそ削る余地あり」(日経電子版~マネー研究所

合成の誤謬の典型。

「全員が貯蓄をしようとすると、誰も貯蓄が出来なくなる社会になる」

これは野村総合研究所に出向した1991年にリチャード・クーさんから教えられた「経済の格言」の一つ。

この格言に倣えば

個々人が消費税に節約で勝つことを目指すと、だれも節約で消費税に勝てない社会になる

ということ。

多くの人に節約を迫ることが消費増税の最大の問題であり、現時点で最悪の経済政策である所以なのだ。

80年代末の「シーマ現象」や高度成長期の「3C三種の神器」からも明らかなように、人々が少しの贅沢を目指すからこそ経済は成長するのだ。節約に励む人たちが、必要不可欠なものを安く買おうとすればするほど、経済成長から遠ざかることになる。

GPIF、CIO退任 ~ 「改革者」か「破壊者」か

「厚生年金と国民年金の積立金約130兆円を有する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の水野弘道理事兼最高投資責任者(CIO)が9月末の任期満了で退任する」(14日付現代ビジネス 「アベノミクスの「立役者」がGPIFを去る…その意外なインパクト」

知らなかった。大手メディアはどこも報じていないが「現代ビジネス」のスクープなのだろうか。確かに任期は今月末までだが。8月末に公表された「2019年財政検証の結果」によって、GPIFが基本ポートフォリオを修正するという話も出ていることと関係がある話しなのだろうか。

「フェア(公正)に、ファクト(事実)を指摘すれば、同氏の功績は以下の通り、列記できる。(1)債券中心のGPIFの保守的運用を国内外株式を5割に引き上げる積極運用への転換、(2)海外投資家の「水先案内人」として海外機関投資家の対日投資促進に尽力、(3)特にカルパースなど海外の年金基金の日本株投資を促した――。

それだけではない。年初のフラッシュ・クラッシュで対ドル円レートが104円台への円急騰局面で円売り市場介入に動けない日本銀行に代わりGPIFが外債投資で円高阻止に貢献したこともまた周知の事実である」(同)

資産運用の専門家の端くれとしては、こうした見方には全く賛同できない。

それは、国内株式への投資比率を高め株価2万円超実現に大きな役割を果たすことや、政府に代わって円高阻止に動くことが公的年金の運用責任者の責務だとは思えないからだ。

先月20日にカルパースの理事会で行った「グローバル市場が非常にシンクロナイズ(同期化)された状況の下で、運用担当者はあらゆる資産クラスで損失を出す危険がある」というGPIFのCIOとして適切とは思えないタイミング、場所での無責任な発言も退任することが決まっていたから出てきたものだったようだ。

「グローバル市場が非常にシンクロナイズ(同期化)される」という「相場観」を持てなかったCIOは、「GPIFの運用改革者」ともてはやしてくれる人がいるうちに辞めるのが得策だという「相場観」を持ったようだ。

それは、数年後には自分が「改革者」ではなく「破壊者」だったことが明らかになることを悟っているからだろう。

先月末に公表された財政検証の結果を見ても、残念ながら今回のCIOの相場観はかなりの確率で当たりそうだ。

問題は、CIOはが去っても、GPIFには「グローバル市場が非常にシンクロナイズ(同期化)される」という相場観を持てなかったCIOが残したツケが残されるということだ。

そして、そのツケを払うのは残念ながら国民なのだ。

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR