FC2ブログ

ミセス・ワタナベ狩り?~ ダイバーシティを認められない投資家に明日はない

「やや古いが、11年3月の東日本大震災発生後も、市場にリスク回避ムードが広がるなか、早朝に円の対ドル相場が急騰する出来事があった。いずれも、FXのロスカットが円上昇に拍車をかけたとみられた」(14日付日経電子版「狙われるミセス・ワタナベ 円急騰劇の裏側」

金融市場で起きていることやデリバティブ取引を理解している人であれば、東日本大震災後に75円台まで円を急騰させたのは「ミセス・ワタナベ」でもないし、「ミセス・ワタナベ狩り」を狙ったヘッジファンドでもないことは分かっているはず。

震災後の円急騰のエネルギーが市場に蓄積されていったのは、第一次安倍内閣の時代だったことはほとんど語られていない。安倍政権時代に蓄積された円高リスクを顕在化させたのは民主党政権。原因を作った政権が悪いのか、リスクを顕在化させた政権が悪いのか…。

為替市場で「ミセス・ワタナベ」の存在は無視しえないものになっていることは確かではあるが、ヘッジファンドが「ミセス・ワタナベ狩り」を目指してコンピューターを活用した機械的な手法を使っているかのような見方には疑問を感じる。

例え「ミセス・ワタナベ」のロスカットを誘発したとしても、商いの少ないシドニー市場で104円とか105円台で買い戻せる量はたかが知れている。得られるリターンの額、規模からすると「ミセス・ワタナベ狩り」は資産規模がある程度大きなファンドにとって余り効率的な行動とは思えない。リスクリターンから考えてその可能性を認識していても行動するかは定かではない。

日本がいつまでも「金融リテラシーが低い」とされるのは、都合の悪い市場の動きは全て悪意を持ったヘッジファンドなどの仕掛けによるもので、自分達は被害者だという無意味な被害者意識を持ち続けていること、その裏返しとしてヘッジファンドの行動をカンニングしようという安易な考えを持っているからだ。

日本人はヘッジファンドに畏敬の念を抱いているが、ヘッジファンドがリーマン・ショック後の2009年~2018年までの10年間でS&P500に勝てたのは2018年の1回のみで、1勝1分け8敗というさんざんな結果となっている。しかも2018年の10年ぶりの1勝は、NY株式市場がクリスマスショックで大きく下落したことによるもので、9月末まではS&P500に約10%負けていて、10連敗目前だった。

10連敗目前だったヘッジファンド

市場の都合の悪い動きをヘッジファンドのせいにしようとする限り、日本は「投資後進国」のレッテルを貼られ続けるだろう。日本人が何と非難しようと、日本の投資家とは異なった価値観、目的を持ったヘッジファンドなどの投資家は金融市場に存在するのだから。

ダイバーシティの重要性が叫ばれる時代に、金融市場のダイバーシティを認めようとしない投資家に明日はないのだ。

スポンサーサイト

投資家の利食いでVIX指数が低下???

「日米ともに相場の乱高下が続いているにもかかわらず、将来の相場変動率を示す米変動性指数(VIX)などは低下が顕著になっている。オプション市場の値動きから算出する同指数の低下が示唆するのはヘッジファンドなど短期投資家の強気転換だ」(7日付日経電子版~相場乱高下でも「VIX」低下 短期筋の強気転換映す

こうしたコメントは、実際にオプション取引をやったことのない人、経験はあってもオプション取引を理解していない人の見方。

「下げに備えてプット(売る権利)を買っていた投資家が、18年末から利益確定で売っていることが米VIXなどの低下につながっている」(同)

という解説も同じ。投資家が利食いに動くときには市場は大きく動かない。市場が大きく動くのは、投資家が早く動かないと損失が拡大しかねないという恐怖に襲われる時だ。

市場のボラティリティが上昇するなかでVIX指数が低下して来ていることは、昨日発行した有料メルマガ「元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚」でも指摘しているので、ご興味のある方は初月無料ですので眼を通してみてください。

もしかしたら明日(8日)電話出演予定の World Marketz(東京MX2 093 22:00~23:00) でも、質問があれば少しお話するかもしれません。電話で説明するのは難しいですが。

ボヘミアンラプソディー ~ 新たな発見

3週間前には「2度見ることはない」と思いながら帰ったはずだったのだが、何故か再び同じ道を往復してしまった。

最初に見た時には、映画のクライマックスであるはずの「LIVE AID」のシーンで興覚めしてしまった。ところがその興覚め感は、それを払拭したいという気持ちを高め、それによってこの3週間、毎日、何回もYouTubeで繰り返しリアルQueenの「LIVE AID」の映像を見ることになった。

リアルQueenの「LIVE AID」は、何度見ても映画のシーンとは比較にならないほど圧倒的でパワフルな感動的なステージであった。

しかし、繰り返し繰り返し見ているうちに、興覚め感を受けた映画に対して別の感情が沸いてきた。それは、これだけリアルQueenの「LIVE AID」に感動できるのは、その背景にあるストーリーを映画で知ったからではないのかというものだった。

さらに、1970年代には何か悲しそうに、物憂げにボヘミアンラプソディーを歌っていたフレディ・マーキュリーが、「LIVE AID」では憑き物が落ちたように伸び伸びと、自信に満ちた表情でボヘミアンラプソディーを歌っていたことも気になった。

そこで思い出したのが、映画にあった「LIVE AID」当日にフレディ・マーキュリーが恋人であるジム・ハットンを両親に紹介したシーン。

最初に映画を見て暫く経つ頃までずっと、ボヘミアンラプソディーの歌詞で最も重要なのは
 Mama ooo (any way the wind blows)
 I don’t want to die
 I sometimes wish I’d never been born at all
という部分だと考えていた。

しかし、リアルQueenの「LIVE AID」と映画のシーンを重ね合わせると
 Mama ooo
 Didn’t mean to make you cry
 If I’m not back again this time tomorrow
 Carry on,carry on,as if nothing really matters
という部分がより重要だったのではないかと思うようになった。

母親に恋人を紹介し、「If I’m not back again this time tomorrow」を現実にした息子のフレディ・マーキュリーを、母親は「Carry on,carry on,as if nothing really matters」と受け入れた。そして父親も。

「LIVE AID」直前に長年背負ってきた憑き物を落とせたことが、あの圧倒的な、パワフルな、感動的なステージを生んだのではないかと考えたら、もう一度映画を見るしかないという気持ちになっていった。

映画を見直してみて、ストーリー展開の面ではやはりやや雑な部分は気になったが、Queenの曲を理解するうえでは貴重な映画だったといえる。リアルQueenの「LIVE AID」の映像から感じた個人的感覚も、客観的に正しいかは別にして自分なりには納得のいくものだったことを確認できたのも収穫。

この3週間、昔流にいえば擦り切れるほどリアルQueenの「LIVE AID」の動画を見ていて、どうでもいいものの印象的なシーンが2つあった。

一つは「Hammer to fall」の中でステージ上のカメラに顔を寄せて歌っていたフレディ・マーキュリーがカメラマンから離れる際、ケーブルをよけようとしたカメラマンがまるで離れていくフレディ・マーキュリーに合わせて踊っているように見えるシーン。

もう一つは「We are the champions」が終わった直後、ギターを置きに戻ろうとしたブライアン・メイがマイクスタンドにぶつかるシーン。

このどうでもいいシーンが映画で再現されているか確認することも2度目の楽しみの一つだった。

結果は、メンバーの動きを正確にコピーしていたうえに、フレディ・マーキュリーにマイクを渡す役の若者(女性?)にもリアル「LIVE AID」と同じネイビーで袖口に白ラインの入っているポロシャツまで着せていた(正確には袖口の白ラインはリアルでは3本だが、映画では1本だったような気がするが)にも関わらず、小生の印象に残った二つのどうでもいいシーンは再現されていなかった。

カメラマンはコードは跨いだがフレディ・マーキュリーとシンクロしていなかったし、ブライアン・メイはマイクスタンドにぶつかることなくギターを置きに戻っていた。

小生には印象的に映ったどうでもいいシーンは、残念ながら監督には本当にどうでもいいシーンだったようだ。どうでもいいシーンだから仕方がないが。

45年前にバンド仲間内での議論で「女々しい」「ロックじゃない」と散々こき下ろしたQueen の映画をまさかこの歳になって2度も見に行き歌詞の意味まで考えるとは全く想像もしていなかったこと。歌詞の意味まで考えて曲を聞くなどBEATLES以外には考えられなかった。45年前に表れたQueenは、21世紀を先取りしていたバンドだったようだ。

注視しかできない日本政府が見せたパフォーマンス

「必要なことがあれば適切に対応するというスタンスに変わりない。投機的な動きがあるかじっくり見ていきたい」(4日付日経電子版「浅川財務官、急激な円高「強い懸念、投機的な動き注視」」

と強がってみたところで、米国側が「為替条項」を要求する日米貿易交渉が早ければ今月下旬から開始できるようになるこの時期に、日本側に打つ手はない。迂闊な対応は「為替操作国」認定を招くだけ。

日経平均株価2万円割れ ~ 常に原因は海外にある?

「背景にあるのが米政治リスクの台頭だ」(25日付日経電子版 「日経平均急落、終値1010円安の1万9155円 」

このように株価下落を常に海外要因に押し付けようとする日本的な考え方が日本経済最大のリスクだといえる。背景にあることと原因とは必ずしも一致しないという認識が必要。

日経平均株価が2万円を割り込んだことで、久しぶりにテレビ朝日の「グッドモーニング」(早朝4:55~8:00)さんの電話インタビューを受けた。

株価急落など不都合な事態が起きない限りなかなかキー局からお声掛け頂く機会はない。取材を受けたということは、それだけ株価下落に対する不安が高まって来ていることの表れ。

基本的に「株価予想」はしない主義だが、今回は「20年の運用経験のなかで株価予想で運用方針を決めたことはない」「ファンドマネージャーの仕事は株価を予想することではなく、顧客が求める収益を確保することだ」という断りを入れ、これを認識してもらったうえで2019年の相場イメージと下値のめどなどについてお話しさせて頂いた(もちろん放映の際にそうした但書が付けられることはないので、単なる個人的拘りに過ぎないが)。

株価水準もそうだが、黒田総裁辞任の可能性にも触れたので、恐らく番組で取り上げられる専門家の見通しの中で最も悲観的なだけでなく番組の想定以上に悲観的な見通しだったはず。

最後に「2019年の相場に名前を付けるとしたら?」という質問を受けたので、「アベノミクスの後遺症相場」と命名させて頂いた。「後遺症相場」というのは、今の「副作用相場」と異なり、メリットがないという意味。

番組内でパネル(フリップ)で取り上げられる予定だが、約45分の電話インタビューの内容がどこまでどのように取り上げて頂けるか、少し楽しみだ。

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR