日銀出口戦略に「時期尚早」はない

「日銀の黒田東彦総裁は30日午後の衆院予算委員会で、日銀の金融緩和政策の出口戦略について『かえって市場に混乱させるという意味で、時期尚早ではないか』との認識を示した」(30日付日経電子版)

出口戦略を語るだけで市場を混乱させるということは、出口がないのと同じこと。

「時期尚早」というが、「あと1年強で、マネタリーベースの対名目GDP比率は 100%(約 500 兆円)を超える見込みである(現在、日本は約 80%、米国・ユーロエリアは約 20%)」(9/21日銀)状況で「時期尚早」というなら、いつになったらそうでなくなるのか明らかにするのが、中央銀行総裁としての責任だ。

この方は、マネタリーベースが名目GDP比200%にまで拡大すれば市場に混乱を与えなくなるとでも考えているのだろうか。そうだとしたら「異次元の総裁」。

端的に言えば、「間違った政策は、損失を出さずに撤回、やり直すことはできない」ということ。そして、その時の損失を負担するのは国民だ、ということ。

日銀総裁としての資質に欠ける人物を「出口」までお送りするのに「時期尚早」はない。あるのは「Too late」 だ。

************************************************
新聞等メディアで報じられている旬なテーマを通して、金融・経済に関する「現実の知識と仕組み」や投資家の「現実の思考法」など、金融・経済の「実践的知識」を身に付けて頂くことを目的に開催する「近藤駿介 マーケット・エコノミー研究会」

10月5日(水)19:15~20:45 恵比寿ガーデンプレイス21階DMM.com本社会議室で開催します(開場19:00)。

今注目を集めている日米の金融政策と、経済、金融市場に及ぼす影響についてお話しする予定です。DMM Lounge 「近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場」 会員の方も、ビジターの方も参加できますので、奮ってご参加ください。定員は20名様です。

詳細とお申し込みはこちらから。  https://event.dmm.com/detail?event_id=73883

スポンサーサイト

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

メルマガのお知らせ

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR