将棋ソフト名人に連勝~コンピューターソフトが人間を超えられないもの

「将棋の第2期電王戦二番勝負第2局が20日、姫路市の姫路城で指され、後手のコンピューターソフト「PONANZA(ポナンザ)」が佐藤天彦名人(29)を破った。棋士とソフトが戦う電王戦は2012年に始まり、形を変えながら続いてきたが、今年で終了。昨年から棋士とソフトの代表が二番勝負を戦う形となり、2年連続で棋士の連敗で終わった」(20日付日経電子版

昔からの将棋ファンの一人としては残念な結果ではある。

しかし、コンピューターソフトとの勝負はハンデ戦でもあり、棋力が同じならコンピューターソフトが勝つのは必然。名人戦7番勝負を戦っている最中というのも佐藤天彦名人にとってハンデだったはず。

逆の立場から見れば、コンピューターソフトの棋力が完全にトップ棋士に追いついたという証明でもある。

忘れてはならないことは、将棋ファンは勝ち負けだけに興味があるのではなく、盤を挟んだ棋士が織りなすドラマを含んだ勝敗が好きなのだということ。

ドラマを生むのは人間であり、コンピューターソフトではない。現にコンピューターソフトNo1を決める戦いが名人戦や藤井壮太4段のように社会の注目を浴びることははい。
スポンサーサイト

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

メルマガのお知らせ

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR