理解不能の「質的緩和」

久しぶりに日銀がETFをお買い上げ。その額は336億円と、2月までの購入額330億円から6億円増加。

これで今年に入ってから日銀が購入したETFは6,161億円と、「投資信託」の今年に入ってからの買越額2947.56億円の2倍以上になった。

2月末時点での日銀のETF保有額は7兆4826億円強と、自己資本3兆1385億円の約2.4倍。株価が40%強下落したら日銀の自己資本は吹っ飛ぶ計算。

日経平均ベースで言えば、10,000円前後。

これを「質的緩和」と称し、さらにマイナス金利を導入して日銀の損失を増やそうとする日銀総裁の神経は全く理解不能。

◆◇◆ セミナー開催のお知らせ ◆◇◆

家計を守るマネー講座(90分×2日)
   3月12日(土)、26日(土) 10:30~12:00
   勉強カフェ 関内スタジオ

起業を目指す人のための「お金の講座」~人生を危険に晒さずに起業しよう
  3月17日(木)18:45~21:00
  表参道ビジネスフォーラム

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

メルマガのお知らせ

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR