消費税増税と財政出動をセットで???

「消費税は財政出動とセットで」

何ともデタラメな発言。

IMFのラガルド専務理事がテレビ東京の単独インタビューに応じ、日本経済については「十分な経済対策を講じないまま、予定通り消費税の引き上げを断行すれば、日本経済にとって大きなマイナスになりかねない」との考えを強調した。

消費増税が日本経済にとって大きなマイナスなのであれば、増税をしなければいいだけの話し。「財政出動とセット」で消費増税をする意味はない。

そんなに緊縮財政を財政支出で埋め合わせたいのなら「消費税率10%への引上げ」と「全対象商品、サービスに軽減税率5%適用」をセットにすればいい。

増税と財政出動をセットでやって喜ぶのは財務省だけ。税収増とその配分の両サイドで利権を手に出来るのだから。

No.2の「副専務理事」の椅子を財務省の天下り先に提供しているIMFの消費増税に関する意見を「オーソリティの見方」のように扱う報道姿勢にはうんざりだ。単なるスポンサーに対するポジショントークに過ぎない。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR