サミットで財政政策も打ち出す?~3年前の安倍総理がこれを聞いたなら・・・

「世界経済の持続的かつ力強い成長への道筋を示し、政策協調への力強いメッセージを打ち出さなければならない。金融政策だけでなく、財政政策でも機動的な対応が強く求められる。G7にいま求められていることは行動だ」(5日 NHK NEWS WEB ”首相「サミットで財政政策も打ち出す必要」”)

「大胆な金融緩和」と「機動的な財政出動」、さらに「国民資産を投入した株価対策」という「三本の矢」を放ちながら、未だに成長への道筋を示せず、デフレの危機から脱却できないでいる安倍総理のこうした提言に、果してG7各国のリーダー達は耳を傾けるだろうか。

民間ならば「トラックレコードはあるの?」と聞かれてお終いになる話。

「なすべきことは明確だ。アベノミクスの3本の矢をもう一度世界レベルで展開させることだ」(5日付日経電子版「安部首相の記者会見要旨」)

自国でほとんど成果を出せなかった政策を、「もう一度世界レベルで展開させる」という安倍総理の発言が、世界各国の目に「近隣窮乏化政策」に映ったとしても不思議ではない。

3年前の安倍総理だったら、今回の自身の総理の提案に対して「政治は結果なんですよ」と、冷たく突き放したに違いない。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

メルマガのお知らせ

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR