大発会大幅上昇~過去5年間とは異なり、60年前と同じスタートを切った2017年

2017年酉年の株式市場は大幅高でのスタートとなった。

戦後東京証券取引所が再開して以降の酉年は4勝1敗で平均騰落率は+15.0%。唯一下落したのは60年前、小生が生まれた1957年で、年間騰落率は▲13.6%。

気にかかるのはこの年は今年と同じ十干十二支で「丁酉(ひのととり)」の年だったこと。

この年も大発会は上昇で始まり、小生の誕生月である5月まで8.4%上昇したのち下落に転じ、終わってみれは▲13.6%。

翻ってトランプ大統領が最大の注目点となる2017年。トランプ政権は最初の100日が試金石だといわれているが、その期間が切れるのは丁度5月。それまでは政権に対する期待がエネルギーとなるが、その後は具体的な成果が求められるようになる。

日経平均株価は昨年まで5年連続で上昇して来たが、大発会がプラスになるのは4年ぶりのこと。つまり、上昇して来た過去5年とは異なったスタートを切ったということ。

上昇して来た過去5年とは異なるスタートを切り、酉年で唯一下落した1957年と同じ上昇でスタートした2017年。「申酉騒ぐ」といわれる酉年の2017年。大発会が大幅上昇だったことで安心するのは禁物だ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR