保護主義国が世界経済の牽引役?

「トランプ次期米大統領の政策によって米景気が世界経済をけん引し、短期的に上振れする」(13日付日経電子版「米成長上振れ、世界経済けん引 本社景気討論会」)

どのようにしたら、保護主義的な政策をとるトランプの米国が、世界経済をけん引するというロジックが組み立てられるのだろうか。

「アメリカのトランプ次期大統領から批判を受けた企業の間でメキシコの工場の建設計画を撤回する動きが相次ぎ、先行きが不透明になっていることから、IMF=国際通貨基金は、ことしのメキシコ経済の成長率の見通しを大幅に下方修正し、1%台後半とする方向で調整を進めています」(13日付NHK NEWS WEB「IMF メキシコの成長率下方修正へ トランプ氏の影響考慮」)

IMFはトランプ氏の登場によってメキシコへの工場建設計画が相次いで撤回されていることから、メキシコの成長率見通しを大幅に引き下げる検討に入ったと報じられている。 保護主義的政策が問題視されるのは他国から成長を奪うものだからだ。

トランプ次期大統領の政策が本当に保護主義的なものであるなら、米国が世界経済の牽引役になるというのはおかしな話だし、本当に世界経済の牽引役になるのであれば、保護主義的な政策だという批判が間違い、お門違いということになる。

見通しの間違いは恥ずかしいことではないが、見通しのロジックに矛盾があるのは専門家として恥ずかしいことだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

メルマガのお知らせ

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR