分断されるアメリカ ~ トランプ大統領が「分断」を生んだのか?

分断されるアメリカ。

日本のメディアはトランプ大統領誕生を「分断」という視点から報じ続けている。

しかし、こうした視点には根本的な部分が欠けている。それは、トランプ氏の登場によって「分断」されたのではなく、トランプ氏が登場する前から溜まっていた「分断」が、トランプ氏登場によって顕在化したというところだ。

トランプ氏の言動を許容するかしないか、大統領として相応しいかといったトランプ氏の登場によって巻き起こった「意見の分断」と、トランプ氏登場前から溜まっていた「社会の分断」を同列に論じるのはいかがなものだろうか。

トランプ大統領の登場は起爆剤にはなったのは確かだろうが、「分断に対する不満」というガスが充満していなければ爆発することはない。

「日本を取り戻す」を歓迎した国のメディアが、「Make America great again」には強い懸念と強烈な拒絶反応を示すというところにも違和感を感じてしまう。

記者会見でメディアとやり合う姿は褒められたものではないし美しい光景ではないが、質問に対して回答をはぐらかされても厳しい質問を浴びせることもなく淡々と儀式のように進む記者会見も、美しい光景とは言えない。むしろ異様な風景。

故サッチャー首相がインタビューの中で「私は自由のない中の平穏より、混乱の中の自由を選ぶ」という主旨の発言をしていたことを思い出す。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

メルマガのお知らせ

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR