トランプ大統領が安倍総理越しに世界に発したメッセージ

「先ほど、トランプ大統領との首脳会談で米国は常に100%、日本とともにあると明言した。トランプ大統領はその意思を示すために私の隣に立っている」(安倍総理)

「米国は同盟国の日本と100%ともにある」(トランプ大統領)

北朝鮮が弾道ミサイル発射したことを受けて急遽行われた日米両首脳による共同で記者発表。ここでの両首脳の発言から、トランプ大統領が安倍総理を厚遇した理由が透けて見えるような気がしてならない。

トランプ大統領が安倍総理を通して世界に訴えたのは、北朝鮮への圧力だけではなく、「トランプ政権と仲良くすることは国益になるぞ」「トランプ政権と仲良くしないと国益を損なうぞ」というメッセージだったのではないかということ。

トランプ政権と仲良くする以外の選択肢のない安倍総理に大統領就任前に「信頼できるリーダーだと確信した」と世界に向けて発信させ、今回は「その意思を示すために私の隣に立っている」と発言させることで暗にトランプ政権の存在感を示すことに成功した。

トランプ大統領が安倍総理を異例の厚遇でもてなしたのは、トランプ大統領にとって安倍総理は格好の広報マンだと確信したからではないか。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR