早期 収束を図る総理 vs 拡大を図る理事長

「名前を出す以上、確証がなければ失礼!生徒も傷つく!力を加えたかの如く話してますが、全く関係なかったら責任取れるんですか?」

国会では野党を恫喝することで主導権を握り、「森友問題」が「安倍友問題」に拡大することを防ごうとしている安倍総理。

しかし、「森友問題」の主導権は籠池理事長に握られているようだ。

「菅野氏はさらに、籠池氏が、現役の閣僚から現金を渡され、それを小学校の建設にあてたと話したなどと述べた」

必死に問題の幕引きをしようとする総理に反抗するように、籠池理事長側は問題の拡大を図っている。

事実であれば安倍政権に大きな打撃を与えるだろう現役閣僚からの現金受領があったという証言は、その信憑性に問題があるのかメディアでは想像以上に控えめな取扱いになっている。マスコミも「全く関係なかったら責任取れるんですか?」と恫喝されているのだろうか。

このノンフィクション作家は現金授受が何時頃のことなのかをなぜ公表しなかったのだろうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR