景気拡大か、景気の拡大解釈か

「足元の景気は『緩やかな拡大に転じつつある』とし、『緩やかな回復基調』とした1月の前回よりも強い表現に変更した」(日経電子版

大手小売業者が軒並み値下げに動き、経営者から「デフレからの脱却はイル-ジョン」という発言が飛び出す中で、日銀が景気判断を引き上げた。

「日銀によると、『拡大』という言葉は経済全体として需要が供給を上回る状態を示す」(同日経電子版

需要が供給を上回り、賃金に上昇圧力が掛かっているという見立てが正しいのであれば、何故物価が下落するのか。

日銀自身が物価見通しを可能修正するなかで、何故景気判断を上方修正するのか。

本当に景気が拡大しているのであれば、何故異常な金融緩和を続ける必要があるのか。何故「出口論」が時期尚早なのか。

黒田日銀の政策、主張は支離滅裂だといえる。

「景気が拡大している」のではなく、日銀が「景気状況を拡大解釈」しているというの実態。もはや手遅れではあるが、せめて誤った金融政策によるダメージを少なくお抑えるために、黒田日銀の「Yes man」ばかりの審議員を集めて議論するのではなく、小売業者の経営者など異なった立場の見方も参考にして、まずは景気状況を正見するところからやり直すべきだ。
スポンサーサイト

コメント

教科書を学んでは?

>本当に景気が拡大しているのであれば、何故異常な金融緩和を続ける必要があるのか。何故「出口論」が時期尚早なのか。

それは、あなたがマクロ経済学音痴だからです。

要するに、経済学を全く勉強していないということです。

だから、わからないのです。
非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

メルマガのお知らせ

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR