FBI長官解任劇から見える米国社会の魅力 ~ 「公正」と「忠誠」

「1月末にコミー氏を夕食に招いたトランプ氏は、自身への忠誠を誓うよう求めた。コミー氏は公正であることは誓ったが、忠誠は拒んだという」(13日付日本経済新聞~「ロシアゲート」米に衝撃

このような人物がFBIのトップになれるところが米国社会の最大の魅力。日本にも彼のような高潔な人物はいるが、組織のトップに昇り詰めることはまずない。その前に潰されてしまうからだ。

日本の官僚のなかに、総理や自民党に対して「公正であることは誓うが、忠誠は拒む」と言える人達がどのくらい存在するのだろうか。

国会答弁を通して見えてくる日本の官僚組織は「忠誠は誓うが、公正は誓わない」人達の集団のように見えてならない。(多くのメディアや有識者と称される人達もほぼ同じ構造になっている。)

もし、解任されたFBI長官のように「公正であることは誓うが、忠誠は拒む」というような高潔な官僚が数多く存在していれば、「忖度」などという言葉が流行語になるような事態は起きなかったはずだ。

トランプ大統領の破天荒な言動を批判するだけでなく、日本社会が他山の石としなければならないこと、見習わなければならない教訓も含まれていることを見落としてはならない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR