痴漢行為 ~ 男性も痴漢に仕立て上げられるリスクに晒されている

「15日夜、横浜市にある東急田園都市線の青葉台駅で、30代と見られる男性が電車にはねられて死亡しました。警察によりますと、男性は痴漢をしたと疑われていたということで、警察は、逃げようとした際にはねられた可能性もあると見て、詳しい状況を調べています」(NHK NEWS WEB)

15日夜はこの痛ましい事件の影響で帰宅困難者となった次男を迎えに想定外の夜のドライブ。

痴漢は許し難い犯罪であるが、男性側から見ても、何時冤罪に巻き込まれるか分からない恐ろしい犯罪でもある。二人の息子を持つ身としては、息子達が冤罪に巻き込まれないか常に不安。

痴漢を疑われた男性が線路上を走って逃げるという事件が頻発しているが、逃亡者が全員痴漢犯罪者であったかは定かではない。男が逃げようとするのは、冤罪であっても捕まえられたら痴漢犯罪者にされてしまうという恐怖感が強いからだ。

実際に痴漢行為を働いた人間が厳しい処分を受けるのは当然だが、疑われただけで痴漢行為を働いた人間と同じ制裁を受けることになる恐れを抱いていれば、逃げようとするのは正当かつ自然の行動。

痴漢行為を働いていないことを証明することは、安倍総理のいう「悪魔の証明」で事実上不可能なこと。

満員電車に乗る際はなるだけ両手を上に上げるなど対策はとっているが、網棚が一杯でバッグを置けなかった時や、降車時には手を上げっぱなしというわけにはいかない。また、ちょっと体が触れただけでもの凄い目で睨みつけてくる女性がいるのも事実で、男性も痴漢に仕立て上げられるリスクに常に晒されている。

テレビでコメンテーターを務める弁護士の中でも、その場を立ち去ることを勧めている人もいるなど、冤罪を疑われた場合の対処の仕方はバラバラで統一見解はない。

警察も含めて、冤罪を疑われた場合の対処法に対する統一した認識を作らなければ、こうした事件はなくならないだろう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

メルマガのお知らせ

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR