祝、日本郵政、野村不動産HD買収白紙へ

「日本郵政が検討していた野村不動産ホールディングスの買収交渉が白紙になる見通しとなった。不動産事業の強化をにらみ、野村不の開発ノウハウを取り込もうとしたが、条件面で折り合えなかったもようだ。直近では日本郵政による野村不の資産査定の手続きが止まっていた。日本郵政は買収で郵便事業の低迷打開を狙ったが、新たな対策を迫られる」(17日付日経電子版「日本郵政の野村不買収が白紙に 条件折り合わず」)

よかった、何よりだ。

追加上場を控えて豪トール・ホールディングのM&Aの失敗から目を逸らさせるためのアリバイ工作のような不純な理由でのM&Aが成功するわけはない。

そもそも不動産を多く所有していることと、不動産業とは異なるものだし、保有不動産の有効活用をしたいのであれば何もM&Aする必要はない。

「条件折り合わず」とのことだが、社風も折り合うはずがない。公家が武士を治めることが出来ないことは歴史が証明していること。

確かなことは、日本郵政という会社には将来性がないこと、日本社会にとって重要な会社だが上場してはいけない会社だということだ。

◆オプション取引講座開催のお知らせ◆
株式会社ゴゴジャンからお声がけを頂き、7月15日(土)に久しぶりに「オプション取引講座」を開催します。

オプションを使って売買益を稼ぐノウハウを提供する書籍やセミナーは数多あります。

当セミナーはそうしたものとは一線を画し、取引の基本からプロの投資家がオプション取引をどのように捉えているのか、オプション取引を資産運用にどのように取り入れるのか、オプションなどデリバティブ取引が現物市場にどのような影響を及ぼすのかといったことをお伝えする内容です。

オプション取引を学びたい方だけでなく、金融市場を多角的に捉えたり、投資手法に多様性を持たせたりすることをお考えの方は是非ご参加ください。

詳細とお申し込みは株式会社ゴゴジャンの申込用サイトからお願いします。
http://fx-on.com/ebooks/detail/?id=11866

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR