謝罪したという「印象操作」をするための総理記者会見

「『印象操作』のような議論に対して、つい強い口調で反論してしまう。そうした私の姿勢が結果として政策論争以外の話を盛り上げてしまった。深く反省している」

野党の追及を「印象操作」と暗に批判しつつ、総理が国民に謝罪をしているという「印象操作」をするための記者会見だった。

「二転三転した形となり、長い時間がかかることとなった」

国民が安倍総理に不信感を強めたのは、「長い時間が掛かった」ことではなく、何の調査もせずに「怪文書」と決めつけ「総理のご意向」「官邸最高レベルの話」と記された文書をないものにしようとしたことである。

「丁寧に説明する努力を積み重ねていかなければならないという決意を新たにしている」

「丁寧な説明」とは「文部科学省において検討した結果、出所や入手経緯が明らかにされていない文書については、その存否や内容などの確認の調査を行う必要がないと判断した」というような類の硬直的な答弁を繰り返すことではないことを認識しているのだろうか。

安倍総理が反省するべきことは、国民との認識のずれであるといえそうだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

メルマガのお知らせ

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR