どんな「結果を出す」ことを目指した内閣改造なのか?

「結果を出せるしっかりした体制を速やかに整える必要がある」(9日付日経電子版)

これまで「決められる政治」を標榜し、必ずしも国民の望まない「結果」を出し続けて来た安倍総理がどんな「結果」を求めて内閣改造を行おうとしているのか、それが問題。

「反省」という言葉を口にしても「何を反省しているのか」については一切触れず、「結果」を口にしても「どんな結果を求めているのか」を全く説明しようとしない安倍総理。こうしたところが安倍総理と安倍政権の本質的な問題点であり、国民の信頼を失った原因である。

安倍総理の求める「結果」が、支持率が低くなるなかで憲法改正を発議し、森友学園問題や加計学園問題に対する国民の関心を薄れさせるというものだとしたら、「結果を出せる体制を整える」のはそれは至難の業。

都議会選挙の結果は、多くの有権者が「あんな人たちに政権を任せるわけにはいかない」と感じていることを証明するものなのだから。

国民が安倍内閣に求めていることは、総理と政権が正直になることで、安倍総理の求める「結果」を出すことではないという点を認識することが信頼を取り戻す第一歩のはずである。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR