歪められた金融政策 ~ 日銀物価目標達成先送り

 日銀は20日まで開いた金融政策決定会合で、物価上昇率が安定的に2%に達する時期について「19年度ごろ」とし、従来予想から1年先送りすることを決めた。先送りは、2013年4月に異次元緩和を始めて以来、6回目となる。物価が上昇に向かうシナリオは維持されているとし、追加的な金融緩和策は打たず、物価動向を見極める」(20日付日経電子版「日銀、物価2%目標19年度ごろに先送り 緩和策は維持」

当初2年程度で「2%の物価安定目標」を達成すると豪語していた黒田日銀。それから4年以上が経過した時点で目標達成を2019年度まで先送りした。これで達成時期の先送りは6回目。

黒田総裁の任期は来年4月で切れるので、黒田総裁は任期中に「2%の物価安定目標」を達成出来ないということ。

任期の5年かけて「2%の物価安定目標」を達成できないということは、目標設定が間違えているのか、「異次元の金融緩和」という「手段」が「目標」達成に不適当なものななか、検証するのが常識である。

「目標」が適切であるのか、「手段」が適切であるのか何の検証もせずに漫然と「異次元の金融緩和」の継続を決めるところにアベノミクスの限界がある。

一つ確実に言えることは、「イエスマン」「お飾り」の日銀総裁を据えたことで「日本の金融政策が歪められた」ということだ。トランプ流に言えば「Sad!」「Terrible!」だ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR