民主党代表候補が提案する「対案」にならない「対案」

「民進党代表選に立候補した前原誠司元外相と枝野幸男前幹事長が日銀の2%の物価目標の見直しを提案している。両氏は、安倍政権の経済政策『アベノミクス』の対案として社会保障を充実させ経済を底上げする考え方を提示。金融政策でも、アベノミクスの柱である金融緩和を批判し対立軸を打ち出す狙いがある」(25日付日本経済新聞 「前原・枝野氏ともに『物価目標1%に』アベノミクスに対案示す」

物価安定目標を2%から1%に引き下げることが「アベノミクスの対案」になると考えているのだとしたら経済音痴も甚だしい。

「総務省が25日発表した7月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除くコアCPI)は7カ月連続で上昇した。エネルギー価格の上昇が全体を押し上げた。…(中略)… 物価の基調を示す生鮮食品とエネルギーを除くコアコアCPIは、低迷が続いている」(25日付Bloomberg 「7月消費者物価0.5%上昇、7カ月連続」

7月のCPIは7か月連続で上昇したといえども前年同月比0.5%の上昇にとどまり、日銀が目標として掲げている2%を遥かに下回っているだけでなく、民主党代表候補が掲げる1%にも届いていない。

つまり「アベノミクスの柱である金融緩和を批判し対立軸を打ち出す」としている民主党代表両候補の提案は、日銀の異次元緩和を当面現状維持するということで、全く対案になっていない。

物価安定目標を達成する目途が全く立たない金融政策に対する対案は、物価目標の引き下げでなく、異次元金融緩和の廃止または凍結以外にない。

その時に起きることが予想される円高・株安に対してどのように対応するのか、それがセットになってはじめて「対案」といえるレベルに昇華することになる。

7月の全国コアCPIは7か月連続で上昇となったかが、生鮮食品とエネルギーを除くコアコアCPIの上昇率はわずか0.1%に留まっている。さらに、先行指標とされる東京都区部(8月中旬速報)コアコアCPIは横ばい。

円安、原油高、天候不順に伴う野菜などの生鮮食品価格の上昇という「国民にとってのトリプルデメリット」がなければ達成することのできない物価を金融政策の目標にすることの是非から見直さなければ「対案」になりえない。

アベノミクスをこのまま漫然と続けるも地獄、民主党の対案にのるのも地獄。どちらに進んでも日本の金融政策は破たんすることに変わりはない。これで自民党の受け皿になりえるのだろうか。
スポンサーサイト

コメント

No title

「日本の金融政策は破たんすることに変わりはない」との御指摘は、正に御説のとおりと思われます。

しかしながら、更に言えば、アベ氏の「政策」なるもの。 本当に「政策」でしょうか。

現実は、日銀が、法に依って禁じられた「悪魔の打ち出の小槌」である日銀の国債引受を金融政策を装いつつ政権に財政出動可能なるよう札束にして提供しているのみではないのでしょうか。

このままでは、円札がジンバブエドル並みになるのではないか、とも思えますが、高橋財政が戦後破綻した際のインフレ率並みでも国民には塗炭の苦しみを与えることになります。

更に、民進党と言う名の第二自民の代表候補も、アベ氏と同じ穴の貉のようにされるのでしょうか。

このような政策紛いの札束の量産で何事も無く済むなら、税の徴収等は要らないのでは?

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR