FC2ブログ

突然吹き出した解散風に対する野党の的外れな批判

「仮に臨時国会の冒頭に解散するのであれば、『森友学園』や『加計学園』の問題から逃げ、答弁する責務から逃れた『疑惑隠し、敵前逃亡の解散だ』と言われてもしかたがない」(18日付 NHK NEWS WEB)

突然永田町で吹き始めた解散風に対して野党から沸き起こっている「森加計隠し、疑惑隠し」「自己保身解散」という批判を聞いていると情けなくなる。

「受けて立つ」という勇ましい言葉を発してはみたものの、「疑惑隠し、敵前逃亡解散」「自己保身解散」という批判は、野党側が政権奪還できない、総選挙で負けることを前提としたもの。

もし政権奪還する気持ちと能力が備わっているのであれば「政権与党に返り咲いて徹底的に追及する」と発言するはずだ。

潔いといえば潔いし、リアリストといえばリアリストだが、最初から負けることを前提としている野党に政権を委ねようとする有権者がどれほどいるだろうか。

本日Money Voiceで、週末に突然吹き出した解散風について急遽書下ろしたコラム「安倍総理の本音と大義。なぜ今が衆院解散のベストタイミングなのか?」が公開されましたので、ぜひご覧ください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR