最高益更新で「大いなるイリュージョン」を証明したイオン

「食品や日用品の値下げによる客数増も寄与した」
「食品や日用品の値下げ効果も出ている。4月に約250品目、8月にプライベートブランド(PB)の約110品目で平均約10%の値下げを実施した。客数が増え、対象商品の売上高は8月の実施時に5割前後増えた」(共に23日付日本経済新聞「イオン影響益最高」

4月に「脱デフレは大いなるイリュージョンだった」と政策当局の見解と正反対の意見を述べたイオンの岡田社長。自らの見方が正しかったことを「イオンの連結営業利益11年ぶり過去最高」という形で証明する格好となった。

何とかの一つ覚えのごとく「2%の物価安定目標を達成するために、大規模な金融緩和を継続する」「デフレ脱却に金融緩和なまだ不十分」と繰り返している日銀政策委員の人達は、こうした「現実」をどのように見ているのだろうか。

「大いなるイリュージョン」を前提とした金融政策で日本経済が好転するのだろうか。「金融緩和はまだ不十分」という理由で金融政策の維持に反対票を投じた新任の日銀政策委員は、金融緩和を強化することでイオンが値上げに動くと主張するのだろうか。

理論と紙の上だけの専門家と、日々実体経済と対峙している経営者の差は埋めがたい差があることを如実に表す出来事だといえる。日本経済の先行きは、政策当局が自らの限界をみとめ、実体経済に謙虚になれるかにかかっているといえそうだ。

スポンサーサイト

コメント

インフレと、イオンは関係ありません

インフレは、通貨価値の下落のことです。デフレは通貨価値の上昇のことです。

個々の物価、イオン商品の価格下落がデフレではありません。

ミクロの商品価格とマクロの通貨価値の変動は、違う話です。

No title

値下げして集客できた。これ他店も値下げしたら値下げ競争になりませんか。また、最近は値下げしても不要なものは買いませんよ。大切なことは、高品質で、持つていて安心感のある製品です。イオンは値下げで余計なものを買わそうとしていませんか。その点で、給料上げて高い高品質商品を買ってもらう方が経済発展にはよいと思います。今の日本はこれでもかと言うくらい余計なものが多すぎる。

意味分かりません。
非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR