「希望の党」が提供した「野党共闘」とは全く異なる意義

「解散」報道、「希望の党」設立を受けて急遽書き下ろしたコラム 「『小池一人で夜も眠れず』安倍総理が民進党“消滅”でも高笑いできぬワケ」がMoney Voiceで公開されました(コラムタイトルは編集部作)。


いろいろな見方があると思うが、個人的には「希望の党」設立に伴う政界再編は、野党共闘による政界再編とは全く意味、意義が異なり、有権者にとって望ましい変化である可能性を秘めていると考えて(期待して)いる。


今回の選挙の特徴は、安倍総理、小池代表の「政治家として信頼度」の絶対評価をすることではなく、どちらが「他の政権よりよさそう」かという相対評価を下すところだろう。有権者が好き嫌いを離れて、政策論争できるかが試される選挙であるともいえる。


「民進党であっても、野党連合であっても、最大の弱点は「候補者や名簿は統一できても政策は統一できない」ところである。

民進党は異なった政治思想の持ち主の集合体であるし、野党連合は党レベルで政治思想が全く異なっている。野党連合を強化するために共産党を加えれば得票数は増えるかもしれないが、政策的不一致は一層激しくなり、「野合」という批判が強まるというジレンマを抱えることになる。

小池都知事が立ち上げた「希望の党」は、こうした弱点を消す「妙手」でもある。

野党連合の目的は、自民党から政権を奪うことであるので、旗印は「反自民」になる。しかし、「反自民」という旗印が必ずしも国民の求めているものであるとは限らない。」

ご興味のある方は是非ご覧ください。

「小池一人で夜も眠れず」 安倍総理が民進党 ”消滅” でに高笑いできぬワケ




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR