新たなしがらみを生みかねない教育無償化

「安倍晋三首相は27日、年内にまとめる教育無償化・負担軽減と待機児童対策など2兆円規模の政策パッケージの財源について「産業界においても3000億円程度の拠出をお願いしたい」と求めた。経済界が応じれば、消費税収と合わせて2兆円の財源のめどが立つ。首相自ら具体的な負担を要請する異例の対応で財源の確保を急ぐ」(27日付日経電子版「教育無償化・負担減 『企業は3000億円拠出を』 首相が要請」

資金の使用目的が正しいものだとしても、こうした財界との貸し借り、新しいしがらみを作るような資金の集め方が正しい政策といえるなのだろうか。

目的が正しいのであれば、堂々と法律にのっとって税金の形で財源を作るべきではないか。

そうでなければ、財界に恩恵をもたらしてくれる政権の要求は受け入れるが、意にそぐわない政権の要求には応じないという裁量を財界に与えることになる。それでいいのだろうか。

スポンサーサイト

コメント

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/J4i7FY
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR