「幸楽苑不採算店舗閉鎖」が示す「いざなぎ景気」との違い

「ラーメンチェーン大手の幸楽苑ホールディングス(HD)は10日、全店の1割弱にあたる52店を閉鎖すると発表した。同日発表した2017年4~9月期連結決算の最終損益が同期間として初の赤字となり、不採算店の大量閉鎖で体質改善を急ぐ」(10日付日経電子版 「幸楽苑HDが不採算の52店閉鎖 業績悪化で」

我が家の近くにも幸楽苑があり、たまに利用することがあった。しかし、今年の2月に「野菜ラーメン幸楽苑」に改装され、メニューが味噌ラーメン系だけになってしまった。

血圧高めながら塩ラーメンが好きで「塩野菜ラーメン」を頼んでいた人間にとって、メニューが味噌系ラーメンだけになった時点で魅力は駄々下がり。

味噌系ラーメンに統一したのはコスト削減のためだなと感じつつ、仕方なく味噌野菜ラーメンを注文したところ、味は案の定。味噌で味を隠すといった代物だった。

その時点で「野菜ラーメン幸楽苑」には二度と行かないことが決定。この店は長くはもたないだろうなと感じていた。それゆえ、今回の決定は想定の範囲内。

最近は「野菜ラーメン幸楽苑」だけでなく、毎月ランチをしに行く(やや)高級和食チェーンでも、ランチの内容が劣化してきている。刺身やてんぷらの品数が減り、五穀米がお替りからでないと選べないなど内容の劣化が目立ってきている。

ワンコインランチなら致し方ないが、2000円のランチだけに奥様の不満が溜まってきており、何時「最近ランチの内容が貧弱になりましたね」という言葉が飛び出してもおかしくない状況になっている。

2000円というランチ価格を上げられないという事情があるのだと思うが、価格を維持して中身を落としていくというのは外食産業にとっては自殺行為でもある。特に安さではなく、ある程度の価格でコストパフォーマンスを売りにしている店には。

価格を維持するために食事の中身を劣化させていかなければならない経済状況を目の当たりにしている多くの国民が、いざなぎ超えの好景気が続いているという政府の発表に納得できないでいるのも当然の話。

果たして、いざなぎ景気時代にそうしたことがあったのだろうか。

いざなぎ景気時代小学生から中学生であった小生には定かな記憶は残っていないが、その時代は電話が各家庭に引かれ、自家用車が登場し、クーラーやカラーテレビが普及するなど、「目に見える形」で個人の生活がダイナミックに変わっていっていることは強烈な体験として残っている。

それに対して足元の景気回復は、価格を維持し利益を残すために中身が劣化していくという「目に見えない形」の変化で支えられているという違いがあることは確かである。
スポンサーサイト

コメント

No title

安月給でこき使われて、夜、飲みに行っても、鶏の味のしない焼鳥や、レンジでチンしたスーパーの惣菜に劣る酒の肴紛いを出すしか能の無いチェーン店で、何杯飲んでも酔わない酎ハイや、ビール紛いの飲料を飲むことしか出来ないのが一般人です。

こうした店では、正規の免許を持った料理人が厨房に居た昔の居酒屋とは比較すること自体が誤謬であり、嫌なら、スーパーで惣菜を買い、自宅で本物の飲料を飲むしか無いのが、現在の一般人です。

眼を大企業に転じると、其処は、また、企業そのものが劣化しつつあり、東電、東芝、神戸製鋼、日産、等々と出るわ、出るわ、の劣化企業群と化しつつあります。

役所は、役所で、その昔の役所とは隔絶した世界になり、四月に遡り給料を上げていたその昔とは段違い。 所謂、「差額」支給の事実を知らない世代が多くなりました。 

そして、他を差し置いて己のみが出世したいあまりの「忖度」が蔓延る始末。

其処から、各種統計の水増しもあるのかも。

詰まり、「忖度(又は、アベ化)景気指数」が存在するのでは?

己の周囲を見て景気が良い、とは、同意しかねるのです。

No title

失礼いたします。
幸楽苑は指がラーメンに混入したことから始まった客離れであって、自業自得な部分があります。
景気のせいにするのは違う気がします。
逆に日高屋とか過去最高益じゃないですか?

幸楽苑を問題にするのでしらたら、不自然な株価の動きを書いていただきたいです。
(指混入が発表前に株価暴落、インサイダーか?今回の株価の乱高下など)

No title

チェツクした上でコメント掲載されると思ってました。最終段は確証があることではないので、削除いただいたほうがいいかもしれませんね。すみません。
非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR