FC2ブログ

「VIXベアETN」一晩で価値96%消滅 ~ 金融工学が生み出す陰

「野村のETNは、上場当初20万口だった投資口が2018年2月時点で110万口まで増えていた。保有者の大半は個人投資家だったとみられるが、中にはトレーディングフロアで働くプロの証券マンも含まれていたという」(9日付日経電子版 「恐怖指数の関連商品、価値が一晩で96%消滅」

悲しい話だ。

それは「VIXベアETN」の価値が「たった一晩で96%も価値が吹き飛んだ」ことではない。「トレーディングフロアで働くプロの証券マンも含まれていた」ということ。これは、「トレーディングフロアで働く人」必ずしも「プロの証券マン」に非ず、といういことの証明でもある。

トレーディングフロアで働く証券マンというのは必ずしも金融や投資のプロではない。経理部員のほとんどが税理士や公認会計士ではないのと同じだ。

一般の証券マンの中で「VIX指数」のことを正しく理解している人はほとんどいない。もし証券マンの多くが「VIX指数」のことを正しく理解していたら、顧客に「VIX指数」と逆方向に動く「VIXベアETN」のような商品を勧めるはずはないからだ。もし、正しく理解して顧客に勧めていたとしたら、それはそれで大きな問題。

「VIXは米国の代表的な株価指数であるS&P500種株価指数の予想変動率を示し、『恐怖指数』とも呼ばれる」(同日経電子版)

そもそも、VIX指数のこうした説明は必ずしも正しくない。専門的な説明は省略するが、VIXは「予想変動率」「将来の恐怖度」を示すものではない。VIXを急上昇させる原動力は「予想変動率」ではなく「足元の恐怖度」なのだ。

ボラティリティは市場動向を把握するうえで重要なインディケーターである。しかし、それだけ重要なインディケーターも、金融商品化された瞬間に市場のリスク要因になってしまうのが恐ろしいところ。

今日早稲田大学エクステンションセンターで開催した講座の中でも触れたが、リーマンショックを引き起こす要因になったのも、CDSといった本来ヘッジ商品やサブプライムローンが金融商品に組み込まれて世の中に販売されていったことである。

金融工学の発展で、何でも金融商品化出来てしまうようになっているところが現在の金融市場が内包するリスクでもある。金融工学の発展がもたらしたのは必ずしも投資手法の高度化だけではない。それ以上に金融工学は胴元が損失を被る可能性が低く、金融リテラシーが高くない投資家受けする投資商品を生み出すことを可能にしているというのが現実である。「自己責任原則」という追い風を受けて。

今回のVIX指数の急上昇が金融市場を揺るがすことはないはずである。それは、金融機関などが「VIXベアETN」のような商品に投資するはずがないからだ。個人投資家が投資資金のほとんどを失っても、それは金融システム不安を招くことはない。悪い言い方をすれば今回「VIXベアETN」に投資して痛手を負った個人投資家は無駄死にしたということ。

投資の基本原則は「自分がとるリスクを理解する」「理解できないリスクには手を出さない」ことだ。金融工学が、胴元が損失を被る可能性が低く、金融リテラシーが高くない投資家受けする投資商品を生み出すことを可能にしている時代を生き抜くためには、「理解できないリスク」を持った金融商品に投資するという行為は、通りすがりの見知らぬ人にお金を渡すくらい危険な行動だという当たり前のことを自覚することが必要だ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR