FC2ブログ

世界から嘲笑を浴びかねない日銀正副総裁人事 ~ 玉砕に向かう日本経済

「与党には人事案が国会の手続き前に表面化することへの反発があり、調整が難航する恐れもある」(16日付日経電子版 「黒田氏再任、16日にも提示 副総裁に雨宮・若田部氏案 与党内調整難航も」

そういう問題ではない。

「13年に就いた黒田氏を理事として支え、16年9月に導入した長短金利操作などの設計に関わった」人や、「(19年10月予定の)消費増税の負の影響を吸収して、物価(上昇率)が2%へ上がっていくほどの強力な緩和が必要だ」という過去の失敗を正見せずに「日銀が保有する国債の増加ペースを現在の年80兆円メドから年90兆円メドに引き上げることや購入資産の対象拡大などを提案している」という墓穴をさらに深く掘ることを主張する人が、本当に「出口」に向かわなければならない日銀の副総裁に相応しいかという問題だ。

国民に「痛みを伴う改革」を求める政府が、日銀正副総裁人事で「痛みを伴う改革」を先送りする姿勢を見せれば、世界は日本は「出口」に向かう意思を放棄し、玉砕することにしたと捉えるだろう。

例え「人事案が国会の手続き前に表面化することへの反発」というどうでもいい理由であったとしても、今回報道されている人事案が国会で否決され、異次元の金融緩和の「出口」が将来の日本経済にとって最後の「非常口」かもしれないという危機感をもった人に日銀を率いてもらえるようになることを願うばかりだ。
スポンサーサイト

コメント

No title

本日(16日)、「政府は黒田総裁を再任、副総裁に雨宮氏と若田部氏」とブルームバーグに出ています。

何とかのミクスと呼称される高橋財政の物真似は、実質が財政ファイナンス。 物価目標等は、単なる欺瞞。 行先は、焼け跡。

アベ氏の念願である憲法改悪まで国民を誑かせば、あとは、借金もチャラに出来る、と踏んでいるのでしょうか。

もっとも、国家財政破綻等は、何処にでもあり、今時珍しくはありませんので、その時には、ラーメン一杯が何億円にもなり、果ては、ジンバブエのように自国通貨を廃さねばならなくなる事態もあるかも。


非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR