「リスクの全体像を示す」以前にやっておくべきこと

「まず必要なのは金融当局がリスクの全体像を示し、世の中に知らせることだろう」(19日付日経電子版 「誰もがそれをやっていた 適温相場の幻想 市場踊る」

そうだろうか。

金融危機を防ぐために重要なことは、知りもしないリスク、理解も出来ないリスクに手を出す投資家を減らすことだ。

今回のVIX指数を利用した商品にしろ、世の中に情報はあふれており、自分が手を出そうとする商品がどのようなものでどのようなリスクを内包しているかは調べることは容易なのだから。

もしそれでも理解できない、分からないなら、その人はその商品への投資を止めなければならないという常識を持つことだ。

知らないリスクに手を出す投資家が多数存在する限り、金融当局がリスクの全体像を示したところで効果など期待すべくもない。ほとんどの人が当局が示す全体像を理解できないはずなのだから。

金融や資産運用に携わる専門家として最も罪深いことは、平気で誤った情報、正しいとは言えない情報を流すことだ。

【参考記事】「VIXベアETN」一晩で価値96%消滅 ~ 金融工学が生み出す陰

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR