FC2ブログ

2018年金融史上最大のリスク要因はテスラ?

「SECによる調査は、おそらく投資家が予想するのとは違う意味で脅威となる。テスラが規制違反で罰金を科されたとしても大したことではない。むしろ、調査が行われる間、何より必要な資金の調達が困難になりかねないことが重大だ」(WSJ「テスラ、SECの調査で形勢一変 資金調達に壁」)

「ニューヨーク・タイムズ(NYT)が同CEOとのインタビューを基に報じた。インタビューでマスク氏は何度も目に涙を浮かべ、テスラを率いることの心身への負担について語った。1時間に及ぶインタビューでマスク氏は睡眠薬の『アンビエン』を頻繁に服用していることも明らかにした。『眠れないかアンビエンを飲むかのどちらかということがよくある』と語った」(Bloomberg 「テスラ非公開化ツイートは投稿前にチェックなし、マスク氏が明かす-NYT」)

資金枯渇が先か、イーロン・マスクCEOが倒れるのが先か。

「マスク氏にとって切り札になり得るのは自ら創業したスペースXだ。衛星打ち上げのベンチャー企業で、モルガン・スタンレーによると『企業価値は460億ドル(約5兆円)』。マスク氏は株式の5割強を持ち、議決権の8割近くを押さえているという。スペースXがテスラを買収するか、保有するスペースX株を担保にマスク氏が資金を借りて買収する判断もありうる」(16日付日経電子版「テスラ、CEOの告白に広がる不安」

幾らスペースXの企業価値が高い(米ベンチャー企業の時価総額番付で、ウーバー・テクノロジーズ、エアビーアンドビーに次ぐ3位)とはいえ、X社もまだ資金調達段階の会社。

今年の金融市場の最大のリスクは、中国でもトルコでもなく、テスラになるかもしれない。

【お知らせ】
5月末に河出書房新社から「1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実」を上梓しました。

1989年12月末にかけて何故バブルは醸成し、何故1990年1月からバブル崩壊が始まったのか、を明らかにするとともに、このバブル崩壊は、日本の株式市場が「相場観」だけでは戦えない市場になったことを告げる警鐘であることを告げるものだった。

そして、バブル崩壊によって投資信託業界が大きく変わっていったことも書いていますので、是非こうした相場変動時の対応の参考にお読みください。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR