FC2ブログ

「バリュー投資」は死んだ??~ 目標を明確にできない投資家に明日はない

「日興リサーチセンターによると大型株対象の日本株投信のうち、割安株投資の運用成績は今年上半期にマイナス5.6%と、成長株投資のマイナス2.4%を下回る。17年もプラス25%と31%の成長株投資に負けた」(25日付日経電子版 「バフェット流運用の受難 一部成長株に資金集中」

だからどうしたというのだろうか。これを以って「バリュー投資が死んだ」と結論付けるのは余りに短絡的だ。昨年「バリュー投資」がもたらした25%というリターンでは物足りないというのだろうか。

仮に投資家の目的が「リターンの最大化」であるならば、こうしたリターンの差は大きな差かもしれない。

しかし、投資家の株式投資の目的が、預金等では得られない、例えば8%程度のリターンを得ることだとしたら、25%というリターンは十分過ぎるものだったといえる。

投資家が求めるリターンを無視したリターンの背比べをしているところに「投資リテラシー」の低さが滲み出ている。

「『違う手法を試さざるを得ません』。さわかみ投信の草刈貴弘取締役最高投資責任者(CIO)は苦しげに語る」(同日経電子版)

こうした発言から感じることは、何を目的に運用をしているのかということ。

もしTOPIXなどを上回る収益を目標としているのであれば、「バリュー投資」だの「グロース投資」など、便宜上の分類に拘るのは投資家として愚の骨頂。

一方、「バリュー投資」が有効であるという哲学と信念を持ち、投資家の求めるリターンを確保出来ると信じているのであれば、相対リターンが低いからと言って「バリュー投資」から「グロース投資」にシフトするというのはおかしな話。

「米ウォール街では『バリュー投資の死』の言葉さえ聞かれる」(同日経電子版)

何と大袈裟な。

悲しむべきことことは、「バリュー投資」のリターンが「グロース投資」のリターンに及ばなくなったことではなく、投資家が自分に求められているリターンを明確に認識出来なくなって来ていることだ。

「バリュー投資の死」とは、「バリュー投資」で投資家に求められるリターンを確保できない状況が訪れた時であり、相対的に「グロース投資」に勝てなくなることではない。

例え相対リターンで「グロース投資」に劣ったとしても、「バリュー投資」で投資家に求められるリターンを得られるのだとしたら、「バリュー投資は生きている」といえる。

「バリュー投資」が「目的」なのか、それとも目的を達成するための「手段」なのか。

投資家が肝に銘じなければならないことは、「目標を明確にできない投資家に明日はない」ということだ。

蛇足だが、個人的には「バリュー投資」や「グロース投資」といった便宜上の分類には全く興味がない。なぜなら自分に求められていたのは、単純に顧客に求められるリターンを確保することであり、「バリュー投資」をすることでも、「グロース投資」をすることでもなかったからだ。

【お知らせ】
5月末に河出書房新社から「1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実」を上梓しました。

1989年12月末にかけて何故バブルは醸成し、何故1990年1月からバブル崩壊が始まったのか、を明らかにするとともに、このバブル崩壊は、日本の株式市場が「相場観」だけでは戦えない市場になったことを告げる警鐘であることを告げるものだった。

そして、バブル崩壊によって投資信託業界が大きく変わっていったことも書いていますので、是非こうした相場変動時の対応の参考にお読みください。

表紙(帯付小)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR