FC2ブログ

誤解されている「VIX指数」

「投資家の不安心理を表す米株の「VIX(変動率指数)」は前日までの20台から大きく低下し、17台に戻った。VIXの急上昇は、この指数をモノサシにして資産構成を決めるファンド勢の株売りを誘発し、さらなるVIXの上昇の悪循環をもたらしやすい。VIXの急低下は、そうした売り圧力が萎えてきた傍証ともいえそうだ」(17日付日経電子版「NY株急反発、『動揺と恐怖』は消えたか」

そもそも「VIX指数(恐怖指数)」に対する認識が間違っている。「VIX指数」は相場の「先行指標」ではなく「遅行指数」でしかない。

「VIX指数」が上昇するから株価が下落するのではなく、株価が下落するから「VIX指数」が上昇しているのだ。

「VIX指数」が低下して株価が反発したことは喜ばしいことではある。しかし、先週NYダウが1300ドル下落し、日経平均が一時1000円下落した直後に受けた週刊誌のインタビューは株価上昇によって掲載されずにボツとなり、テレビの方は企画変更でお流れに。

メディアの動きも「VIX指数」のようだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR