FC2ブログ

対日交渉で為替も協議 ~ お友達からのクリスマスプレゼント

「米通商代表部(USTR)は21日、日本との貿易交渉に向けて22項目の交渉目的を発表した。通貨安誘導を封じる為替条項を協議するほか、農産品や自動車では関税や非関税障壁の削減を求めるとした。サービスも含めた包括的な協定を目指す方針だ。交渉目的の発表により、2019年1月下旬にも交渉を始められるようになった」(22日付日経電子版 「米、対日交渉で為替も協議 要求22項目を提示」

安倍総理のお友達は、日本がF35戦闘機100機購入を検討するといっても、イージスアショア2基取得を決定しても容赦ない。

今回の米国側の発表は、政府が国内の批判をかわすために行った「TAGとFTAは全く異なる」という苦しい弁明が、日米両国で合意していない日本政府による国内向けの造語&詭弁に過ぎなかったことを暴露するもの。

トランプ大統領にとって「お友達」とは、脅しを掛ければ何でも言うことを聞いてくれる人(国)という意味のようだ。「お友達」に対する安倍総理とトランプ大統領の認識の間には、「TAG」と「FTA」ほど隔たりがあるようだ。光栄なことは、トランプ大統領には安倍総理以外に「お友達」がいないことだ。

米国が設定した90日という中国製品に対する25%の関税引き上げの猶予期間が市場が期待した3月31日より短い3月1日であったことに続き、米中貿易交渉終了後、つまり始まるのが3月1日以降だと思われていた日本との貿易交渉が1月下旬からでも始められる状況になったこと、「為替条項」も協議の対象になるという米国からのメッセージは、日本政府にとってはありがたくないクリスマスプレゼントだといえる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR