FC2ブログ

投資家の利食いでVIX指数が低下???

「日米ともに相場の乱高下が続いているにもかかわらず、将来の相場変動率を示す米変動性指数(VIX)などは低下が顕著になっている。オプション市場の値動きから算出する同指数の低下が示唆するのはヘッジファンドなど短期投資家の強気転換だ」(7日付日経電子版~相場乱高下でも「VIX」低下 短期筋の強気転換映す

こうしたコメントは、実際にオプション取引をやったことのない人、経験はあってもオプション取引を理解していない人の見方。

「下げに備えてプット(売る権利)を買っていた投資家が、18年末から利益確定で売っていることが米VIXなどの低下につながっている」(同)

という解説も同じ。投資家が利食いに動くときには市場は大きく動かない。市場が大きく動くのは、投資家が早く動かないと損失が拡大しかねないという恐怖に襲われる時だ。

市場のボラティリティが上昇するなかでVIX指数が低下して来ていることは、昨日発行した有料メルマガ「元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚」でも指摘しているので、ご興味のある方は初月無料ですので眼を通してみてください。

もしかしたら明日(8日)電話出演予定の World Marketz(東京MX2 093 22:00~23:00) でも、質問があれば少しお話するかもしれません。電話で説明するのは難しいですが。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR