FC2ブログ

ヘッジファンド資金流出、過去2年で最大

「投資家は昨年10-12月(第4四半期)にヘッジファンド業界から225億ドル(約2兆4700億円)の資金を引き揚げた。流出規模は過去2年余りで最大だった」(19日付Bloomberg 「ヘッジファンド、10-12月は225億ドルの資金流出-過去2年で最大」

撤退を余儀なくされたヘッジファンドが増加する影響で昨年10月上旬までは米国株式市場が強含みで推移する可能性が高いことは9月時点で指摘していたこと。

そして昨年10月頭という時期にNYダウが史上最高値を付け、その直後から株式市場が不安定な動きに転じた背景には、トランプ相場によって撤退に追い込まれたヘッジファンドの影響があることは講座メルマガで何回も解説してきたこと。

【参考記事】
・悪材料は蜜の味、ファンド勢が買い戻しを余儀なくされる10月中旬までは…
・MONEY VOICE 近藤駿介記事一覧

今回のニュースは、こうした見解が的外れなものではなかったことを裏付けてくれるもの。

それと同時に、株価自体を予想することは不可能なことだが、市場内で上昇圧力あるいは下落圧力が高まる可能性の有無に関してはある程度想定可能だということを示唆したものでもある。

重要なことは、それを感じるための必要条件は、金融市場の仕組みやルールに関する「知識」を身に付けることと「株価(相場)予想」の無意味さを理解することである。

「株価(相場)予想」を重要視すればするほど、市場が発するヒントが見えなくなってしまうというのが難しいところ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR