FC2ブログ

「3月リスク」が生み出す「2月リスク」

「『3月ショック』。市場は1カ月半後に身構える。トランプ氏と中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が決めた『90日協議』は3月1日が期限だ。不調に終われば貿易戦争は泥沼になる」(20日付日経電子版「就任3年目のトランプ政権に『 3月リスク』 迷走に拍車も」

3月1日に期限を迎える米中協議の行方がもたらすかもしれないショックが「3月リスク」であるというならば、市場が足元の堅調な地合いがあと1か月半続くと思っていることは「2月リスク」を生みかねない危険な考え方だといえる。

足元の堅調な株式市場は、市場が新年度入りに伴うアセットアロケーションに向かって動き出していることによって演出されている。

もしこうした見方が正しければ、市場が身構えなければならないショックは想定より1か月ほど早く起きるはずである。

市場内のリスクは、「身構えるべきショックは常に目の前でなく、しばらく先にある」という思考によって積み上がっていくのが常である。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR