FC2ブログ

プロ共通の思考 ~ 何かを付け足すのではなくて、削いでいく

「どんどん何かを付け足すのではなくて、削(そ)いでいく作業をしなくてはいけない。核へと近づけるように。役作りをするのではなく、どんどん削いでいく」(13日付日経電子版「俳優の真実とは? C・ドヌーヴ×是枝裕和対談」

おお、これは自分自身も運用の世界で感じてきていたことだし、少林寺拳法の師匠からも言われたこと。

全く異なった分野で、高い経験値を積み上げ、結果を残してきた人が同じ趣旨の発言をするということは、それが真実に近い考え方であることを意味しているのだと思う。

小生の経験でも、未熟なうちは多くの情報を得ることに必死になってしまうが、経験を積んでくると自然と不必要な情報を捨て、本質的な情報だけを残すようになる。投資分野のいいことは、捨てる際にコンマリさんのように感謝の言葉を口にする必要がないところ。

しかし、それは簡単なことではない。本質的な情報が胸をときめかすとは限らないし、捨てられるということは、本質が見えている人にだけ出来る高度な技でもあるからだ。間違って重要な情報を捨ててしまえば、残された情報はゴミの山になってしまう。捨てればいいわけではところが難しいところ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR