FC2ブログ

ストリートビューには写っているけど、大使館の撮影は禁止です。 Why????

今日の打ち合わせは飯倉。打ち合わせを終えてロシア大使館の前を通りかかったときに特に意味なく大使館をスマホでパチリ。

歩き出したら直ぐに大使館の警備にあたっていた若い警官に呼び止められた。

「今何を撮影されましたか?大使館ですか?」
「はい、そうですけど」
「大使館の撮影は禁止されています。今すぐに画像を削除してください」

大使館が撮影禁止だとは知らなかったし、住宅街にあって警察の警備も付かないような国の大使館も撮影禁止なのかという疑問も感じたが、別に大した意味なく撮影しただけなので、おとなしく警察官とスマホを確認しながら大使館の画像を消去。

学生運動が残っていた若い頃、警察官に職務質問される度に挑戦的な態度をとり長い時間拘束された経験を活かした大人の対応。

でも、ロシア大使館が撮影禁止なのか、大使館は全て撮影禁止なのかは知りたいところ。

とはいえ、これが某国だったらスパイ容疑で拘束されていた可能性もあったと考えて、日本でよかったと思うより仕方がない。

ちなみに、ストリートビューで見るとロシア大使館はバッチリ写っている。
ロシア大使館

ストリートビューでバッチリ見れるのに、なぜ個人がスマホで撮影した画像を削除させたのだろうか。Googleならいいが、小生はダメということなのだろうか。その境界線がどこにあるか気になるところ。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR