FC2ブログ

新型コロナウイルスの感染拡大を止めることが最大の経済対策という誤り

昨晩から情報番組でエコノミスト達が日米の金融緩和にも関わらず金融市場が大幅下落したことなどについて論じている。

残念ながら金融市場の恐ろしさと金融の仕組みを知らない人達がいくら論じても金融市場の混乱をおさめることはできないだろう。

もっと金融市場や金融の仕組みを知っている人間の知恵を結集しなければならない。もちろん株価や相場予想の専門家は不必要だが。

今回の世界的株価の急落が、10年以上にわたる世界的金融緩和局面で起きていることをもっと重要視しなければならない。

「金融緩和で潰れた市場を金融緩和で救うことは出来ない」という認識を持つことと、「新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めることが最大の経済対策だ」という考えを捨てることがスタートだ。

世界経済を守るために「時間」的に優先順位が高いのは新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めることではなく、「金融市場」を守ることだ。

こうしたなか、昨日の朝、FRBの緊急利下げのドタバタの中で提出したコラム「新型コロナ『世界同時株安』最もヤバいのは「日本人の年金」の可能性 ~ パンデミック・マーケットと信用緩和」が現代ビジネスで公開されました。

新型コロナウイルスの感染拡大ショックで急落している金融市場に歯止めをかける手段と、日本の公的年金資金を運用しているGPIFが先週末時点で20兆円(16日時点では24兆円)という過去最大の損失を抱えた可能性が高いことなどを指摘しています。

やや長文ですが、是非お読みください。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

著書

202X 金融資産消滅

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR