fc2ブログ

消費者物価9年半ぶり下げ幅 ~ 「Go to」が物価を押し下げる?

「総務省が20日発表した10月の消費者物価指数(CPI、2015=100)は、変動が大きい生鮮食品を除く総合指数が101.3と、前年同月比で0.7%下落した。下落は3カ月連続で、9年7カ月ぶりの下げ幅となった。政府の観光需要喚起策 「Go To トラベル」事業の割引で宿泊料が37.1%下がった」(20日付日経電子版 「消費者物価、10月0.7%下落 GoToで9年半ぶり下げ幅」

本当に「Go to トラベル」が消費者物価を下落させたのだろうか。

消費者物価に対する「宿泊料」のウエイトは1.13%に過ぎない。その「宿泊料」が前年同月比で37.1%下がったとしても消費者物価全体に与える影響は0.4%程度。寄与度としては小さくないが「Go to トラベル」に消費者物価下落の責任を押し付けるのには無理がある。

ちなみに10月がらスタートした「Go to eat」の対象となる「外食」(消費者物価に対するウエイトは5.21%)は前年同月比でプラス0.4%と、スタートして間もないことも影響しているのか消費者物価を押し下げ要因にはなっていない。

気になるのは「2%の物価安定目標」を掲げて日銀が漫然と「異次元の金融緩和」を続けていること。「Go to キャンペーン」が消費者物価を押し下げ要因になるのであれば、「異次元の金融緩和」は出口のない無駄撃ちになる。

「Go to キャンペーン」によってインフレが抑制されるのであれば、中央銀行がインフレヘッジの株式など持つ必要があるのだろうか。こうした無駄から不利益が生じた場合、それを被るのは国民だ。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

著書

202X 金融資産消滅

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

著書

中学一年生の数学で分かるオプション取引講座(Kindle版)

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR