スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むざむざと江戸の敵を長崎で討たれた「元セ・リーグの盟主」

プロ野球セ・リーグは24日、東京都内で緊急理事会を開き、今季の公式戦開幕を4月12日まで延期することを始め、4月中は東京電力・東北電力管内でのナイター開催を自粛し、デーゲームでも大量の電力を消費する東京ドームは使用しないことや延長戦の取り扱い等、全てパ・リーグに合わせることを決めた。

それにしても不可解なのは、もともと、リーグとしては監督官庁の指導には従う方針を示しながら「開幕を何日にしろなんてのはお上が決めることかね」とあからさまに反発示した球団を筆頭に、何故セ・リーグが監督官庁の文部科学省や「節電啓発担当大臣」に勝ち目のない戦いを挑んだのかということ。

昨年3月、セ・リーグの盟主を率いる会長が「愚かなタレント出身の女性議員が、なんで1番じゃないといけないのか、2番じゃダメなのかとバカな発言をして、国民の働く人々の気持ちを傷つけた。バカな女がいるもんだ」と批判した因縁もあり、パフォーマンス好きの「節電啓発担当大臣」は、世論を背景に手ぐすねを引いて仇討の機会を待っていた筈だ。そこにノコノコと出かけて行くセ・リーグの無神経さは理解に苦しむもの。

何を勘違いしたのかは分からないが、無策な元セ・リーグの盟主は、「科学的な根拠」を示すこともなく、むざむざと「江戸の敵を長崎で討たれた」格好での完敗となった。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。