円史上最高値更新~サプライズの乏しい介入で立ち向かう「罪のない被害者」

8月2日に就任したばかりの財務省中尾財務官の国際舞台デビューは、「円史上最高値更新」を誘発する華々しい(苦々しい)ものとなった。

財務官はWall Street Journal誌のインタビューで、「最近の円高は経済ファンダメンタルズ(基礎的諸条件)を反映しておらず、『投機的要因』が背後にある」との考えを示した。その上で、「必要であれば『適切な措置』を講じる」と財務省の決まり文句で市場を牽制したものの、「介入を頻繁に行い日常的な手段として使うことはない」と発言、「円史上最高値更新」の引金を引いてしまった。

「国際金融に明るい」とされて来た財務官であるが、「国際金融市場」には余り明るくないことを露呈してしまった格好。

今回の「国際金融に明るい」とされる財務官の発言に、日本経済低迷の原因の一端が現れている。それは円高や株安など、日本にとって都合の良くない現象が起きた際に、馬鹿の一つ覚えのように「投機的要因」にその原因を求めることである。これは常に日本を「罪のない被害者」であるがごとく演出する非生産的なものだ。自らを「罪のない被害者」に演出した時点で思考は停止し、その原因追究を放棄してしまうことになる。こうしたことを繰り返して来ていることこそが、日本が「失われた20年」から脱却出来ないでいる根本的な原因である。

同じ金融市場であっても、株式や債券と異なって二国間の交換レートを決定する為替は、「国益が最も強くぶつかる市場」である。こうした「国益がぶつかり合う市場」で不利な状況になる度に「罪のない被害者」を演じることに一生懸命になっているようでは、為替市場で狙い撃ちされるのは当たり前である。攻撃される原因も、カウンターアタックも考えず、情勢が不利になる度に「罪のない被害者」を演じることに没頭し、思考停止になる日本が「世界で最も安全な通貨」とありがたくもない称号を与えられるのも当然である。日本人は、勝負事の鉄則の一つは「弱いものを叩け」である、ということを肝に銘じる必要がある。

金融市場は常に「投機的要因」が加わって成り立っているものであり、日本にとって都合の悪い局面にだけ「投機的要因」が現れる訳ではない。市場参加者なら初心者でも理解していることを、「国際的に処理を要する事項に関する事務を総括整理する(財務省設置法)」立場にあり「国際金融に明るい」とされている財務官が理解していないことは日本にとって悲劇である。

財務省をはじめ、国民の多くも常に外的要因を挙げて「罪のない被害者」に満足して「思考停止」に陥ってしまうのは、財務省及び日銀が「思考停止」に逃げ込もうとすることを阻止する立場にいるはずのマスコミが「財務省のスポークスマン」と化し、「投機的要因」にさらされる「罪のない被害者」日本という財務省の姑息な演出の宣伝係として片棒を担ぎ続けているからである。

為替レートの決定要因は複雑であり、特定の一つを要因に挙げることは難しい。だからと言って「罪のない被害者」を演じていては国益を失うばかりであり、有効と思われる反撃は常にしなくてはならない。
例えば、現時点では円の「資金供給量を増やす」という選択肢は円高阻止に対する有効な政策の一つである。この政策は「介入」のように「直ちに」為替レートに影響を及ぼすものではないが、それ故に他国の理解を得る必要がなく、日本自身の決断だけで実施出来る政策である。

19日の海外市場で円が最高値を更新したことを受け野田財務相は、「週明け、緊張感を持って対応していきたい」と述べ、円売りドル買いの市場介入を再度、実施することも含め対応を検討していく考えを示した。

先日「介入はサプライズでないと意味ない」と発言したばかりの財務相は、「サプライズの乏しい介入」で市場に立ち向かおうとしているようである。財務相が「緊張感を持つ」ことだけで「サプライズの乏しい介入」の効果を上げられると考えているのだとしたら、国民は来週もマスコミを通じて「世界で最も安全な通貨」という言葉を聞かされ続けることになりそうだ。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR