自らの政治生命の終焉を先送りするために、日本経済を「危険な状態」に晒すことを厭わない政治家による「誤った決断を下す政治」

「民主党のため、自民党のために、公明党のためにというよりも、日本のためにまさに局面打開しなければいけない」

この期に及んでこうした白々しい言葉を口に出来るというのは、ある意味才能なのかもしれない。「民主党代表選挙での再選」「自民党総裁選での再選」「支援母体との関係で執行部が持たない」という党内事情を抱えた3党首によるチキンレースは、「近いうちに」という曖昧な言葉をひねり出すことで、3党首の政治生命が絶たれることの「先送り」に成功して幕引きとなった。大山鳴動して鼠一匹といったところ。

「日本という国の威信が揺らぐところだった。身勝手な政治の都合で混乱を招いた責任は重いが、消費増税の先送りという最悪の事態を避ける理性だけは残っていた」

国民不在のチキンレースに対して、消費増税原理主義者である日本経済新聞は、一面に「日本の信認 守れる政治を」という記事を掲載、その中で今回の3党合意の結末について一定の評価を下した。国民不在のチキンレースを繰り広げた挙句、「近いうちに」という曖昧な言葉を生み出してチキンレースの結末を先送りしたことを「理性」だと表現する報道には呆れるばかりである。

「消費増税が実現しなければ、格付け会社が日本国債を格下げする恐れがある。そんな危うい状態に日本経済をさらすことは二度と許されない」

自称一流経済紙は、「格付け会社が日本国債を格下げする」ことを「そんな危うい状態」だと表現しているが、一体何を根拠にこのように決めつけているのだろうか。

昨年8月5日、米大手格付け会社S&Pは、史上初めて、米国債の格付けを「AAA」から「AA+」に引き下げた。その結果はどうだったか、この経済専門紙は検証をしていないのではないか。
S&Pが格下げに踏み切る直前、昨年7月末時点での米国10年債利回りは3.0%であった(FRB HP公開データ)。それから1年経った現在、米国の10年債利回りは1.66%(同)であり、格下げ直前から1.34%も金利は低下しており、「危うい状態」からかけ離れた状況になっている。

さらに、日本国債は、S&Pでは2001年2月に、Moody’sでは1998年11月に、いわゆる「AAA」の格付けを失ってから、現在の「AA-」まで格下げを受けて来ている。しかし、1997年当時2%前後であった日本の10年国債利回りは、足元では0.7%台まで低下して来ている。「格付け会社による日本国債格下げ」が「危うい状態」を生むのだとしたら、今頃日本の10年国債利回りが0.8%前後まで低下していることをどのように説明するのだろうか。

格付け会社の格付けなど、金融市場では殆ど評価されていないという現実を無視し、「格付け会社が日本国債を格下げする」ことを、定義の曖昧な「そんな危うい状態」と報じるのは、経済専門紙としての「知識」が乏しいのか、「理性」が欠けているのかどちらかである。

「増税と歳出削減、自然増収の拡大を組み合わせたさらなる改革がどうしてもいる」

このように主張する日本を代表する経済紙。増税をしてでも税収増を図る必要があると言うのであれば、まずは新聞購読料に軽減税率を求めることを止めるべきである。国の税収を減らす軽減税率を求めるマスコミが、「消費増税の先送り」を「最悪の事態」だと表現する厚顔無恥さは、野田総理と双璧である。そこには何の「理性」も感じられない。

「近いうちに」という曖昧な言葉でお互いの政治生命を先送りする政治と、定義が曖昧な「危険な状態」という言葉で不必要な危機を煽るマスコミがタッグを組み、デフレ経済下での消費増税を推し進めれば、日本の国債市場より「近いうちに」日本経済が「危険な状態」に陥るのは必至である。

自らの政治生命の終焉を先送りするために、日本経済を「危険な状態」に晒すことを厭わない政治家による「誤った決断を下す政治」に、一日も早く終止符を打たなければならない。「近いうちに」などと悠長なことを言っている余裕はない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

メルマガのお知らせ

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR