「減税延長」と「消費増税」 ~ 共に「中間層」を成長の軸に据える日米が打ち出す正反対の政策

「巨額の富を築いた人たちに大減税をするのか、中間層全員への低い税率を維持するのか、という選択だ」。

オバマ大統領は3日、激戦州の一つであるオハイオ州でこう訴え、経済政策の柱に中間所得層の支援を据える方針を明確にした。具体的な政策課題では、年末に期限切れを迎える包括減税「ブッシュ減税」で中間層以下については延長を公約。「公平な分担を求める」ために富裕層への減税は打ち切る。

「中間層を成長の軸に」するために、中間層以下については「ブッシュ減税の」の延長を打ち出したオバマ大統領。

「中長期的な経済成長と『分厚い中間層』の復活を実現し、『今日よりも明日が、より豊かで幸せになる』という確かな《希望》を生み出す」ために、逆進性が強いと言われる消費増税法案を成立させた野田総理。

「中間層」を経済政策の柱に据えるという点では共通している日米。しかし、具体的な政策においては180度違う方向に向かっている。両国の政策の違いは、当然今後の両国の「中間層」の行く末に大きな相違をもたらすことになる。そしてそれは、両国の経済に、決定的な差を生むことになる。

論理的にあり得ない、増税による「分厚い中間層」の復活が成功させることが出来たとしたら、野田総理は日本人初のノーベル経済学賞受賞者として歴史に名を刻んでもおかしくない。反対に、増税によって「薄くなりつつある中間層」に破壊的な打撃を加える結果になれば、「世界で最も経済音痴な宰相」として歴史に名を残すことになる。

三党合意という政治的談合で消費増税法案を成立させた野田政権。日本社会は、すぐに「国会空転」という後遺症に見舞われることになった。予算執行に必要な赤字国債法案も、「近いうちに国民の信を問う」ために必要だと言われている選挙制度改革法案も店晒しにされ、何も決められない状況のなかで無駄に野田政権の延命が図られるというのは、国民にとっての不幸。

「国会空転」に反比例するように、民主党の代表選と自民党の総裁選を筆頭に、維新の会も絡めて権力闘争は熱を帯びて来ている。皮肉なことは、三党合意という政治的談合で消費増税を成立させた、野田、谷垣両氏の再選すらも怪しくなって来たこと。

さらに感心することは、国民目線から見て、とても一国のリーダーとしての力量はない、あるいはなってはいけないと思える候補者が、よくもまあこれだけ自薦他薦を含めて出て来るものだということ。マスコミに取り上げられる候補者の顔触れに、国民と永田町の意識の差と、永田町の人材不足が表れているようである。

「民主党や日本の政党政治の危機的状況を立て直すためには、清新なリーダーが必要だ」

民主党の代表選挙を巡って、有志の中堅・若手議員11人が国会内で会合を開き、党の危機的な状況を立て直すためには、野田総理に代わる新たなリーダーが必要だとして、近く細野原発事故担当大臣に立候補を要請することを確認したことが報じられている。

しかし、「恋多き女性」と言われた女性タレントとの路上キスをフライデーされるような脇の甘い政治家を、「日本の政党政治の危機的状況を立て直す」ための「清新なリーダー」として担ぎあげようとする民主党の中堅・若手議員11人考えは如何なものだろうか。可能性は低くなっているものの、与党民主党の総裁選は、理屈上は最も総理大臣に近い政治家を選ぶものである。国家情報が集約される総理の座に就く可能性のある与党総裁に、「選挙の顔」という理由で女性に対して脇が甘い政治家を就けるということは、場合によっては国益を損ない、国家を無用な危機に晒しかねない危険性を秘めたものである、とは全く考えないのだろうか。民主党の人気回復のために、国家が危険に晒されるリスクを顧みない姿勢は、国民の支持を得られないだろう。

細野大臣をはじめ、橋下市長や東国原元宮崎県知事など、女性問題を持った政治家がその主役として名前が挙がってくることもやや気掛かりである。 「日本の政党政治の危機的状況を立て直すためには、清新なリーダーが必要だ」という主張には大賛成だが、怪力サムソンのように女性に弱く、敵国のスパイだった妻に自らの弱点をもらすことで目をえぐられるリスクが無いような政治家を選ぶことも肝要である。

ほぼ1年間の大統領選において、敵味方両方から公私に渡り様々なチェックを受ける米国の候補者達。その過程で女性問題は致命傷になることもある。これに対して、短期間でリーダーを決めてしまう日本では、宗教色が弱いこともあり、女性問題に対しては概して寛容である。是非はともかく、ここでも日米の差は大きい。

「リクルート事件」との関わりがないという消去法によって誕生したのち、「女性問題」と「消費税導入」のダブルパンチにより、在任期間僅か69日間の短命内閣に終わった宇野内閣の悪夢を再現をするような愚だけは避けなければならない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR