「量的にも質的にも悪化している雇用情勢」下で「失業なき雇用の流動化」を目指せるのか~それは無理でしょ

17日に第2次安倍政権で初の党首討論が行われた。海江田民主党代表が「小麦粉やパン、トイレットペーパーなど日常品の価格がすでに上がり始めている」と、アベノミクスの「副作用」を質したのに対して、安倍総理は「パートタイマーの時給は1時間17円ではあるが、プラスに転じた」、「内閣府の景気ウオッチャー指数が昨年11月から43%上昇」、「3カ月で4万人の雇用を生んだ」、「昨年の同時期と比べて外国人観光客が33%増えた」といった具体的「実績」を示して対抗、議論は噛みあわなかった。

「結果が全て」と言い切る総理に、「効果」があったことを前提とする「劇薬の副作用」を持ち出さざるを得ないところで民主党に勝ち目はないということ。

しかし、総理の「3カ月で4万人の雇用を生んだ」という発言の根拠は何なのだろう。日本経済新聞によると「党首討論に先立ち、首相は秘書官から取り寄せた経済指標にじっくり目を通した」とあるので、裏付けとなる統計があって然るべきである。

3月19日に発表された「労働力調査」を見ると、「就業者」は総理が景気ウオッチャー指数の基準とした昨年11月時点の6,297万人から、今年2月時点の6,242万人まで、55万人ほど減っている。また、「役員を除く雇用者」は、昨年10~12月期の平均5,173万人から1万人増えてはいるが、その中身を見てみると、「正規の職員・従業員」は3,330万人から3,273万人へと57万人減少し、「非正規の職員・従業員」が1,843万人から1,900万人へと57万人増加している。

「労働力調査」をみる限り、総理が成果として挙げた「3カ月で4万人の雇用を生んだ」を裏付けるデータは見当たらない。「労働力調査」が示す雇用情勢は、「就業者」が減る中、「非正規の職員・従業員」が増える形となっており、「雇用情勢は量的にも質的にも悪化している」という状態になっている。

「雇用をこれからもっともっと増やしていく。成熟産業から成長産業への流動性を働く皆さんの立場になって考え、ジョブトレーニングなどの機会を作っていく。失業なき雇用の流動性を確保していきたい」

こうした状況下、総理は「金銭で自由に解雇ができることは全くやろうとは考えていない」としつつも、「失業なき雇用の流動化」に意欲を見せた。しかし、これは「言うは易し、行うは難し」の政策である。一般的に成熟産業は労働生産性が低く、成長産業は労働生産性が高い。従って、成熟産業での余剰雇用を、成長産業が吸収して行くためには、成長産業の成長規模が、成熟産業の衰退規模の何倍にもなる必要がある。そんな成長産業を短期間に生み出すことが出来るのだろうか。少なくとも成長スピードの速い成長産業が、「ジョブトレーニングを必要とする雇用者」を大量に必要とすることは考えにくいことである。

「企業が国内で生産増に踏み出すには新たな需要を掘り起こす必要がある。飽和してみえた携帯電話市場をスマホが全く新しい市場に塗り替えたように、人々が欲しがる商品・サービスを作れるか」

日本経済新聞は「動き出す景気」という特集記事の中でこのように主張している。しかし、スマホはガラ携からの乗り換えが殆どであり、スマホの登場がこれまで携帯電話を使用していなかった層を掘り起こしたわけではない。企業ベースではこうした乗り換え需要の掘り起こしは重要な成長戦略であるが、マクロベースで見た場合、乗り換え需要だけでは発展はおぼつかない。また、ガラ携の知識も持たない人が、スマホが開拓した新しい市場で生き抜くなどということは夢物語に近いことである。

ネット選挙解禁に伴い、これまでネットと縁がなかった国会議員がにわか勉強を始めたようである。こうした呑気なことが許されるのは、国会議員が「地盤、看板、算盤」があればその職を維持出来たからである。実体経済では、例え50代、60代であっても、パソコンスキルの無い人間は生存し得ない時代になっている。今頃ネットの勉強をしなくてはならない人達が、日本の政治を担い、成長戦略を語っていたかと思うと恐ろしい限りである。

「失業なき雇用流動化」

総理が掲げるこうした理念が現実的か否かを計るうえでも、国会議員の大幅定数削減は是非実施してみるべきである。その時、ネットもろくに使えない落選議員達が成長産業に無事に転職して行けるのか、「失業なき雇用流動化」が可能かを計るいい試金石になるはずなのだから

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR