FC2ブログ

物議を醸す橋下発言 ~ 主張は明確、論理は曖昧

「態度、ふるまい、コミュニケーションの取り方が悪い」

自らの発言が物議を醸している橋下市長は15日の記者会見の中で、日本がアジア女性基金を設立したり、周辺国に対して賠償責任以外にそれなりの対応をして来ていることに対して、このように回答した。

橋下市長の凄いところは、自らの発言が物議を醸している原因として、「態度、ふるまい、コミュニケーションの取り方が悪い」ことを全く想定していないかのような、こうした発言を平気で行えるところ。

「今回問題提議して痛切に感じたことは、英語が喋れないってことですよ。英語が出来ないから誤解を受ける」

国外だけでなく、国内でも「誤解」を受けていることを考えると、「英語が喋れないってこと」は本質的な問題ではないように思えるのだが、市長は真剣に英語力の必要性を主張していた。

橋下市長の一連の発言を聞いていると、その主張の是非はともかく、論理的な矛盾を感じさせるものが散見される。

「僕は歴史家じゃないからきちんとした検証をしたわけではない」として、「日本だけが特殊であったか」について断言を避けつつ、「アメリカやイギリスやフランス、ドイツは、幾ら慰安所を使っていた、現地の女性を使っていたといっても、暴行、脅迫、拉致で引っ張って来て無理矢理そういう仕事に就かせたってことはないです」と断言。日本の歴史家じゃないから日本の史実に関する断言は出来ないけど、欧米諸国の史実には断言出来るという論理はかなりの無理筋。

「もっと風俗業を活用してほしい。法律の範囲内で認められている性的なエネルギーを合法的に解消できる場所が日本にはある」

米国司令官に対するこの発言もおかしなもの。記者会見で「それを活用していないから事件が起きると考えているのか」との質問を受け、「因果関係は別です。それを活用したから事件がおさまるという因果関係にあるようなものではないでしょうけど」と平然と回答。「因果関係がない」なら「風俗業の活用」を何故米軍の司令官に提案する必要があったのか。

法律の専門家である橋下市長の発言だけには、もう少し論理的であって欲しかった。

一連の記者会見で気になったのは、「敗戦国」という言葉を何回も繰り返していたこと。確かに「歴史は勝者が作る」と言われるが、「敗戦国だから誤った歴史を押付けられている」という主張をしているかのような印象を与えてしまいかねない発言は、今の日本にとって何の得るものがないもの。

「世界から日本はレイプ国家だとみられている」

橋下市長は一連の記者会見の中で何回かこのように主張している。おそらく「(安倍)首相は強固なナショナリストとして知られている。第二次大戦時の『慰安婦』といわれる性奴隷、歴史教科書、靖国神社参拝、韓国との領土対立などの問題への首相のアプローチは、近隣国だけでなく米国からも監視される」、「クリントン前国務長官は国務省に婉曲な『慰安婦』ではなく、『性奴隷』という用語を使うよう指示したと伝えられている(2012年7月の韓国紙「朝鮮日報」を引用)」と記された米議会調査局の報告書のことを念頭においているのだと思われる。

たが、「外務省の課長クラスがアルバイト原稿を書いているレベル」(政府関係者)とも言われるこの報告書をもって、「世界各国は日本を『レイプ国家』だとみなしている」と決めつけるのは飛躍しすぎではないのだろうか。橋下市長には、是非「世界から日本はレイプ国家だとみられている」という発言の根拠を示して貰いたかった。現在形である以上、「歴史家じゃない橋下知事」にも説明できるはずのことなのだから。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR