FC2ブログ

「処方薬ネット販売禁止」はさすがにやり過ぎでしょ

厚労省は医療用医薬品(処方薬)のインターネット販売の禁止を法律で定める方針のようです。「処方薬は重篤な副作用のおそれがあり、対面でなければ安全性が保てない」というのがその理由だそうです。しかし、こうした説明には少し違和感を覚えます。

「重篤な副作用」がある薬であっても、処方するのは医師ですから、「重篤な副作用」に関する「説明責任」は一義的に医師にあるはずです。もし「処方薬は重篤な副作用のおそれがあり、対面でなければ安全性が保てない」という理由で、処方薬のネット販売を法律で禁じるのであれば、対面販売業者に「説明責任」を負わせなければ筋が通りません。患者の診察もしていない対面販売業者が、病状に応じて適切な「説明責任」を果たせるのでしょうか。

また、対面販売業者が口頭で「重篤な副作用」などを説明しても、購入者の記憶に残る保証はありません。それならばネット販売業者が文字ベースで「重篤な副作用」についての説明、情報提供をした方が効率的だといえます。処方箋薬局で薬を受け取ることだけを考えている筆者のような人間には、診察を受けるのにも時間を要したうえに、医者に話したような説明を再度薬局でするのは極めて煩わしいものでもあります。

一般用医薬品(大衆薬)は、医師ではなく購入者自身の判断、「自己責任」で購入しなければならないので、副作用が強い薬についてネット販売に規制が残るのはある面で合理的ですが、医師の判断で処方された薬について対面販売を法律で義務付けるのは、非論理的で、対面販売業者を守るための規制だと言われても仕方がないように思います。
スポンサーサイト



コメント

薬局が潰れたら

薬の市場が伸びていない今、ネット販売で楽天などが売り上げを伸ばせば、既存の薬局の売り上げが減少して廃業の可能性が出てきます。

私の家の近くには薬屋が1件しかありません。
そこが廃業したらいざという時、どこに買いに行けば良いのでしょいうか。通販で届くのを待っているのでしょうか。全部の薬をストックしておくわけにはいきませんし。

日本は災害大国です。薬局というのは非常災害時のライフラインの一部なのです。各地の薬局がなくなって困るのは国民です。

処方箋をもらってからネットで買う必要がありますか?
手に入れるのに時間がかかったら意味ないでしょ

ktperson様
この度はコメントをお寄せ頂きありがとうございます。
仰る通りで、何でもかんでも規制緩和で競争原理を持ち込めばいいという訳ではないと思います。

処方薬のネット販売がなくても世の中が困っていないわけですから、「必要性」はないと思います。でも、あれば便利だと感じる人も多いかと思います。
今回は、処方薬のネット販売の是非ではなく、「処方薬は重篤な副作用のおそれがあり、対面でなければ安全性が保てない」という理由で処方薬のネット販売を規制するというのは、論理的には無理があるという点を指摘したつもりでおります。ご理解頂けたら幸甚です。
非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR