良いデフレ脱却、悪いデフレ脱却 ~「経済優先」から「政治信条実現優先」へ舵を切った安倍内閣

「デフレの出口が近づいてきた。11月の消費者物価指数(生鮮食品を除く)は前年同月比1.2%上昇と約5年ぶりの伸び。円安を起点とする物価上昇が多くの品目に広がった。ただ、国内の需給はまだ緩んでおり、賃金が物価を押しあげる力も弱い。来春の消費増税を控え、脱デフレは胸突き八丁にさしかかっている」(28日付日本経済新聞「デフレの出口近付く」)

社会保障制度など、社会構造がインフレを前提に出来上がっている中でのデフレは、経済には大きな打撃となることは間違いありません。しかし、経済指標面での「デフレ脱却」の先に「良いインフレ経済」が待ち受けてくれているわけではありません。

7-9月期の需給ギャップが▲1.6%と、約8兆円「需要不足・供給過多」のなかでの「デフレ脱却」は、「良いデフレ脱却」とは言えません。「円安・株高」自体は「良いデフレ脱却」には必要不可欠で、それを目指すことは正しい選択だったと思います。しかし、安倍内閣が誕生してから丸1年が経過した今でも、「円安・株高」をアベノミクスの実績を強調するための道具に使い続けるというのは如何なものでしょうか。

円安効果によって、日銀が政策目標としている11月の消費者物価指数(生鮮食品を除く)は前年同月比で1.2%上昇しました。しかし、見逃してはならないことはキャベツの前年同月比89.8%上昇など、「生鮮野菜」が前年同月比で18.1%も上昇していることです。「生鮮野菜」の上昇の影響を受け、消費者物価指数(総合)は前年同月比で1.5%上昇となっています。「暖房用燃料や肥料は農家の生産費用の2割を占める」(27日付日本経済新聞「野菜生産 厳しい冬」)という状況下で電気代(前年同月比8.2%上昇)、ガソリン(同8.7%上昇)などが「デフレ脱却」の牽引役となり、「生鮮野菜」へと価格上昇が広がっています。円安による電気代や燃料代の上昇は、明らかに生産農家と消費者の生活に打撃を与え始めています。これが政府・日銀が目指した「デフレ脱却」の姿だったのでしょうか。

こうした「悪いデフレ脱却」が鮮明になる中でも、日銀は「消費者物価指数(生鮮食品を除く)」を政策目標に、「2%の物価安定目標」を目指して盲目的に「異次元緩和」を続けるのでしょうか。日銀総裁の人事権は実質的に政府が握っていますので、日銀の金融政策には独立性はありません。さらに、その能力や手腕ではなく、安倍総理の意向を忠実に実行するポチだという理由だけで任命された総裁には、日本の経済状況に応じて臨機応変に金融政策を調整して行くことを望むべくもありません。

特定秘密保護法案、靖国神社参拝、辺野古埋立への圧力など、ここに来て安倍総理は、明らかに「経済優先」から「自らの政治信条の実現優先」に舵を切って来ました。それを反映するかのように、安倍政権の支持率も低下して来ました。こうした状況下、安倍総理が「自らの政治信条実現優先」という姿勢を貫くためには、内閣支持率を維持しなければなりませんから、今後安倍総理は、より一層「円安・株高」を演出することで、強い経済を取り戻したことを強調しようとするはずです。

「安倍晋三首相は30日、東京証券取引所で今年最後の取引終了後に開かれる『大納会』に出席する。首相が大納会に出るのは極めて異例。経済重視の政権運営を改めて印象付ける」(28日付日本経済新聞「首相、大納会出席へ」)

安倍総理が「極めて異例」といわれる大納会に出席するのも、「経済重視の政権運営」を強調することよりも、安倍政権が誕生して以来、日経平均株価が6割近く上昇した「アベノミクスの成果」を強調する必要を感じたからだと思われます。国会で「政治は結果なんですよ」と大見得を切ったことのある安倍総理は、政治による信認低下を、「円安・株高」といった「結果」を強調することで埋め合わせて行こうとしているのだと思われます。

しかし、国民の望む「結果」は、7割前後の国民が実感を感じることの出来ない「円安・株高」ではなく、「生活向上」であるはずです。「総理と国民の間にある結果認識のねじれ」は、「生活向上」を「政治の結果」として求める国民にとって、2014年を厳しい年にする要因となりそうです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR