FC2ブログ

「金融リテラシー」向上の障害となる「投資≒一発当てること」という低次元の認識

「人生の先輩として言わせてもらおう。若者なら恋愛も投資も失敗を恐れるな。そのうち一発あたるさ」(22日付日本経済新聞 「はじめてのニーサ~投信の分配金 中身確認して」)

「そのうち一発当るさ」…。このコメントに、「投資≒一発当てること」だというこの新聞の本音が表れているような気がします。「そのうち一発当たる」ことが目的であるならば、ギャンブルと大差ありませんから「金融リテラシー」や「投資リテラシー」など身に付ける必要などありません。日本を代表する経済紙がこの程度の認識でいる限り、日本で「金融リテラシー」の向上など期待するべくもありません。もちろん「投資≒一発当てること」だとしたら、「金融教育も早い段階から行う」必要など全くありませんし、そのような認識しか持っていない人達には「金融教育」を語る資格はないように思います。

投資運用の分野ほど、プロとアマの差が数字で出難い分野はないかもしれません。プロは人様の命の次に大切なお金をお預かりして、様々な制約条件のなかで運用するのに対して、アマは自分のお金を好き勝手に運用していいからです。

例えるならば、ハイヤーの運転手と、首都高環状線を一周するタイムを競うルーレット族くらいの差があるのです。首都高環状線を一周するタイムはルーレット族の方が早いはずですが、プロの自動車の運転としてどちらが優れているでしょうか。プロであるハイヤーの運転手は、自分勝手に運転を楽しむというということは自己否定に繋がる行為になるはずです。プロの仕事の中には、タイムという表面的な数字では測れない価値が秘められているのです。

若い人達の中には、「株取引が趣味です」という理由でファンドマネージャーを目指す方もいます。筆者も何回かこうした理由で運用会社に応募してきた若い人達を面接した経験がありますが、全てお断りしました。それは、人様の命の次に大切なものお預かりする「プロの業務」において、個人の「趣味」を優先されるリスクが高くなるからです。

一般的に、好きなことを仕事に出来ることは素晴らしいことですし、その方が技術的な向上も早くなるはずです。しかし、運用業務には必ずしも当てはまるとは限りません。「趣味」が株式投資ではなく、顧客のための資産運用であるならば別ですが…。株式投資や為替取引に「慣れていること」と、資産運用業務に適しているかは別問題です。

筆者はゼネンコンの都市トンネル技術者から資産運用業界に転じ、「利回り」と「クーポン」の区別も付かないうちから円債のトレーダーを、「ボラティリティ」も「ガンマ」も知らないうちからオプションのトレーダーになりました。全くの素人だったわけですが、3年後には経済専門紙に「評論家」として定期的に記事を提供するようになりました。株取引が「趣味」であったり、株取引に「慣れていること」は、資産運用業務においては必ずしもアドバンテージにはなりません。

この記事で紹介されている「投資≒一発当てること」という認識が根強く残っていることが、証券業務が進化するなかでも証券営業マンに対する「株屋」という差別用語ともいえる言葉が残っている原因のような気がします。同じ紙面では「日経平均ダービー~チャンピョン戦」の結果が掲載されていますが、こうした株価予想もアマの方の楽しみとしては有意義なことかもしれませんが、プロの仕事ではありません。プロが目指す投資は、「株価予想」に頼らずに求められる成果を達成して行くことであり、「株価予想」の正確性を高めることではないからです。

「投資運用の先輩」として言わせてもらいたいことは、「投資とギャンブルは違います」「投資に必要なのは『論理的思考の積み重ね』以外にない」ということです。

スポンサーサイト



コメント

残念ですが、不確定要素と投資家の感情で動く株式相場は
論理の積み重ねで正解にたどり着けるものではありません
論理的にはやすすぎる状態のまま何十年もそのままだったり
ゴミクズみたいな株が舞い上がるのは少しでも株をやった事がある人なら
誰でも目にしています

まだ1発当てようとする人の方が、損ギリもするでしょうし、
ギャンブル中毒でもない限り無茶もしないでしょう
利口な人間が、論理の積み重ねで投資する
これの方がまずい気がします

確かに人の金を預かって運用するのと、自己資金でトレードするのとでは違いますね。責任という重いものが乗ってきますから。
ただ、個人トレーダーで長期間に渡り資産を増やし続けている有名な億トレーダーの方達が、実際にファンド運用したらどうなるのか?というのは見てみたい気がします。筆者さんの価値観の中ではプロ=リスク管理がしっかりしてる、アマ=一発屋、みたいな認識なのかも知れませんが、個人トレーダーで長期間市場から退場することなくトータルで勝ち続けてる人ってのは、共通する絶対のリスク管理術「損切り」ってのが徹底されてます。僕はトレードに置いて「損切り」に対する意識の高さはそのまま車の安全運転と直結するもんだと思うんですが。
トレードに対するリスク管理は「上がると思ってエントリーした銘柄が予想を裏切った時にどうするのか?」に尽きると思うのですが、どうでしょう?ま、他にもいくら注ぎ込むのかとか、相場を見て静観すべきかエントリーすべきかとか、そういうリスク管理もありますけれど。
ただ、なんかで聞いたんですが、ファンド運営は相場がどうだろうと常にエントリーし続けないといけないといのは本当なんですか?

コメントをお寄せ頂き、ありがとうございます。
プロの現場でも「損切り」の巧拙がパフォーマンスに大きな影響を与えています。株式投資の場合、機関投資家は多数の銘柄を持っていますし、BM運用が主力になっていますから、個別銘柄の「損切り」に無頓着なファンドマネージャーが増えているのは確かです。BM運用ではなく絶対値運用をやっているFMは、株式でも債券運用でも「損切り」する勇気と決断が求められます。「損切り」は一旦「自己否定」をすることですから。
残念ながら、論理的思考を繰り返しても、正しく相場を予測することは出来ません。プロの運用者として自らの相場観を持つことは必要不可欠ですが、相場を正しく予想出来ない以上、人様のお金を、自分の相場予想に晒し続けることは避けるべきだと思っています。そのために、ポートフォリオ運用しているわけですから。
株式投資などは、一般の投資家にとって、銘柄やタイミングがあって利益が出た時には、とても楽しいものです。私は、こうした投資の楽しみは一般投資家にお任せするべきで、プロの投資家は人様のお金を使って投資の楽しさを味わってはいけないと思っています。
楽しみはアマ(一般投資家)へ、苦しみはプロが担うというのが、個人的に考える理想の姿です。今のように、プロもアマも相場を当てることで利益を求める姿には疑問を持っていますし、だから「貯蓄から投資へ」という流れが出来ないのだと思います。
個人的に抱いている理想論であり、夢だと受け取って頂けたら幸いです。でも、論理的思考を繰り返せば、取り返しのつかない損失を出すこともありませんし、相場想定の正確性も、確率としては上がっていくと思っています。「株価は上がる」という結論を正当化するような論理を集めるというのが、結果はともかく、投資にとって最悪の思考方法だと思います。
非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

1989年12月29日、日経平均3万8915円~元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

近藤駿介 Official Site

各種お知らせ等はこちらから

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR