「超高齢化社会」に向かう日本人が発見した「STAP細胞」

「STAP細胞は、成長した細胞が赤ちゃん細胞になるようなものなので(人間で)夢の若返りが実現できるかもしれない。」

日本の30歳の女性研究者による、これまでの科学の教科書を覆すSTAP細胞の発見という快挙に世界中が湧いています。素晴らしいことは、「夢の若返り」を実現できるかもしれないSTAP細胞を、世界に前例のない速さで老齢化が進む日本の若手研究者が発見したことです。もし、STAP細胞で「夢の若返りが実現」出来れば、「高齢化社会」が抱える多くの問題が解消されるかもしれませんから、まさに「必要は発明の母」を地で行く出来事だと言えそうです。

「教科書的に、動物細胞では絶対に起こらない現象だと勉強してきた。しかし、本研究では、この外部刺激によって、もしかしたら“初期化(=万能細胞を作り出すこと)”が起こり得るんじゃないかということになった」

教科書を覚える能力を重要視する傾向の強い日本社会において、小保方博士がSTAP細胞を発見することが出来た理由が、教科書を鵜呑みにしなかったことだったというのも、とても痛快なエピソードでした。

小保方博士は我が母校早稲田大学理工学部出身ですが、一般入試でなく、出願者自身の人物像を学校側の求める学生像と照らし合わせて合否を決めるOA入試合格組であったことも、興味深いところです。個人的にはOA入試等曖昧な基準に基づく入試制度には懐疑的でしたが、理工学部の一人のOBとしては、小保方博士を合格させた当時の大学関係者に「あっぱれ!」といったところ。なにしろ、世界的に権威のある科学雑誌ネイチャーが見出せなかった小保方博士の才能を見出したわけですから。

「数十年後、100年後の人類への貢献を考えて研究を進めたい」

これまでの生物学の教科書を覆すような快挙を成し遂げた小保方博士が記者会見で口にした今後の目標は、ips細胞の作製に成功した山中教授と同様に「目先の己の利益」ではなく、「数順年後、100年後の人類の貢献」だという高邁な思想でした。

 【参考記事】 山中教授ノーベル賞受賞~「命」と「命の次」の間にある厳然たる格差

1979年に出版され、ベストセラーとなると同時に、日本人に希望と勇気を与える永遠のバイブルとされている「Japan as Number One」の著者であるエズラ・F・ヴォーゲル教授は、日本企業が継続性に優れている理由として、社会の一員としての存在(役割)、社員のロイヤルティ(忠誠)、そして社員を育てていくという風土をあげておりました。しかし、現代の日本社会はグローバル化の波に飲み込まれ、企業経営は欧米と同様に短期的成果を重要視する方向に向かい、それと共に社員も会社に対する忠誠心よりも「目先の己の利益」を求める傾向が強まっています。

政府はSTAP細胞発見という快挙を、「医療は成長産業」であるかのような安っぽい宣伝に利用とするかもしれません。しかし、今回のSTAP細胞発見という快挙が日本人に示唆していることは、日本経済が再び成長軌道を取り戻すために必要なことは、日本人を欧米が得意な「短期的な利益」を追及する土俵での戦いに駆り出すことではなく、社員のロイヤルティと、社員を育てていくという風土を回復させ、日本人が優位性を発揮できる土俵で世界と戦う環境を取り戻すことかもしれません。

「Japan is back!」

日本の総理は、日本経済が「僅か1年足らずの円安・株高」によって復活したと、世界に向けて高らかに宣言しました。しかし、日本人科学者による、ips細胞の作製成功に次ぐSTAP細胞の発見という世界的快挙が、「数十年後、100年後の人類への貢献」という高邁な思想によって達成されたということを忘れてはいけません。高邁な思想によってもたらされたSTAP細胞の発見は、「短期的な利益」に走りがちな現代社会の凡人に対して、日本人が戻るべき姿を示してくれた出来事だと捉えるべきかもしれません。

STAP細胞発見が示唆してくれたこうした警鐘に気付くのが先か、はたまた、こうした警鐘に気付かない政治家の脳細胞をSTAP細胞を使って初期化させることが出来るようになるのが先か…。日本が成長路線に戻るためには、前者であることを願わずにはいられません。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR