「相対的に安全な国」が持つ、「主要市場で最も『価格変動リスク』の高い株式市場」

日経平均株価は21日に400円以上上昇し、週間ベースで7週ぶりに上昇に転じました。今週は、18日、21日と2回も400円以上の大幅上昇を記録したこともあり、日経平均株価のボタティリティー(21営業日ベース:以下同様)は久しぶりに自律反発の可能性が高まる30%を上回って来ました。また、ボラティリティーの上昇は日本だけでなく、米国(NYDJ=15.2%)でもドイツ(DAX=15.2%)や英国(FT100=12.7%)でも見られている世界的現象となっています(参考資料はこちらから)。

ボラティリテイーに関して特徴的なことは、日本のメディアや多くの投資家が当り前のように使っている「新興国はリスクが高い」「相対的に安全資産の日本」という言葉とは裏腹に、日本の株式市場のボラティリティーは、世界の主要国市場の中で最も高いということです。

例えば、先週末21日時点でのボラティリティーを比較してみると、日経平均株価=32.2%に対して、中国上海総合=15.3%、香港ハンセン指数=19.0%、インドSENSEX=12.0%、ブラジルBOVESPA=20.8%、ロシアRTS=20.7%と、日経平均株価のボラティリティーは、新興国株式市場よりはるかに高い水準にあります。1990年以降のにっへい平均株価の平均ボラティリティーは20%強ですから、足下の状況は一時的なものではありません。因みに、1980年代日経平均株価のボラティリティーは10%前後でした。

つまり、「価格変動リスク」という点においては、「新興国株式市場はリスクが高い」というのは完全な思い込みだということになります。

「相対的に安全な資産」として「円」や「日本国債」が買われる局面も多々ありますが、そうした局面で日本株が買われないのは、単に円高が日本企業の収益圧迫要因になるからだけでなく、「相対的に安全な資産」を求める際に、「主要市場で最も『価格変動リスク』の高い日本株に投資する」ということは、戦略的矛盾になるからでもあります。

さて、日銀は「異次元緩和」の一環として、信託銀行を通して「主要市場で最も『価格変動リスク』の高い日本株」の指数連動型上場投資信託(ETF)を購入しており、その購入額について「オペレーション(日次公表分)」としてHP上で情報を公開しています。

また、日銀は「営業毎旬報告」という、10日ごとに日銀のバランスシートを公開しています。そして、「営業毎旬報告」の中には「金銭の信託(信託財産指数連動型上場投資信託)」という項目があり、日銀が保有しているETFの残高が記載されています。

以前も一度指摘したことがありますが、「オペレーション(日時公表分)」によれば、2014年に入ってから2月10日まで日銀が購入したETFの購入総額は1,355億円ですが、「営業毎旬報告」に記載されている同期間のETFの残高増加額は1,934億円と、日次公表分の1.4倍強に達しています(参考資料動画「日銀ETF購入額~どうしてこうなるの!?」はこちら)。

「異次元緩和」で示した日銀のETF保有残高目標は、2013年末2.5兆円、2014年末3.5兆円です。そして、「営業毎旬報告」で示された2013年末のETF保有残高は2兆4973億円と、目標通りになっいます。

「営業毎旬報告」には「『金銭の信託(信託財産指数連動型上場投資信託)』とは、信託銀行を通じて買入れた指数連動型上場投資信託受益権などである」と記載されていますから、ETF以外の資産も混じっているのかもしれません。しかし、1ヶ月強で600億円近く購入している資産があるのであれば、公表するのが筋だと思います。何しろ、今年に入って30億円程度しか購入していないJ-REITの購入額は公開しているのですから。

複数の国で、発表される経済統計などに疑義が生じたことが、金融市場の波乱に繋がったことがあり、その度に日本は「相対的に安全な国」とされて来ました。こうした金融市場における世界的信認が崩れないことを祈るばかりです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

近藤駿介

プロフィール

Author:近藤駿介
ブログをご覧いただきありがとうございます。
ファンドマネージャー、ストラテジストとして金融市場で20年以上の実戦経験を持つと同時に、評論家としても活動して来ました。教科書的な評論・解説ではなく、市場参加者の肌感覚をお伝えしていきたいと思います。

近藤駿介 実践!マーケット・エコノミー道場

入会キャンペーン 実施中!

著書

アラフォー独身崖っぷちOL投資について勉強する

Anotherstage LLC

金融に関する知見を通して皆様の新しいステージ作りを応援

FC2ブログランキング

クリックをお願いします。

FC2カウンター

近藤駿介 facebook

Recommend

お子様から大人まで
町田市成瀬駅徒歩6分のピアノ教室

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR